大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【明大生との毎週一問百答】久米&天野トークセッションのレポートです

投稿日時:2009/01/15(木) 18:32rss

みなさん、こんにちは!

経営者会報ブログの「臨時編集部員」を仰せつかった、日本実業出版社第一編集部の
前川健輔と申します。

去る1月8日(木)、みなさんおなじみ久米信行さんの明大講義の特別編として、
公認会計士の天野敦之さんとのトークセッションが行われ、私も参加してまいりました。

そこで、天野さんの最新刊『君を幸せにする会社』 (小社刊)の編集を担当した立場から、
このイベントの内容や感想について、レポートさせていただきます。

概要については、すでに久米さんと天野さんがそれぞれのブログでご紹介されていますので、
ぜひ、そちらもご参照ください。

※久米信行さんの明治大学商学部「ベンチャービジネス論/起業プランニング論」講義ブログはこちらから
※天野敦之さん 『君を幸せにする会社』公式ブログはこちらから


当日、天野さんが用意された9つのテーマ(質問)のうち、3題については
「明大生との毎週一問百答」で<特別バージョン>として取り上げられ、
いろいろと議論を呼んだようです。

※「【明大生との毎週一問百答】09年最初の質問は特別バージョンです」についてはこちらから


このように、すでにいろいろな方がこのイベントについてご紹介くださっておりますので、
私はまず今回のトークセッションで焦点となった、「天野さんの利益についての考え方」について、
触れてみたいと思います。

天野さんのお考えを一言で言えば、次のようになります。

「利益追求は企業の目的の一つであるから、当然行われるべき。
 ただ、その利益を得る方法が、
 誰かに損失を押し付けた結果として得られるものであってはならない。
 本来、企業が生み出した価値をもって、
 お客様を幸せにしたその対価として利益を得るべきだ」

つまり、企業はお客様を幸せにするからこそ利益が得られる、ということです。

天野さんは、これまで勤務されてきた金融機関・コンサルティングファームでの
ご経験からこのように考えておられます。
※天野さんの活動やポリシー、詳しい経歴などについてはこちらから

もともと、このようなお考えをお持ちの天野さんにご執筆をお願いするにあたり、
モデルになるような企業はないかと探した結果、
久米繊維工業様がうってつけだろう、ということで、お二人を引き合わせのが、
ご縁のきっかけでした。

それが本として結実し、今回のトークセッションへのつながったのです。

トークセッションは、天野さんから事前に久米さんに送られた「9つの質問状」に、
久米さんが答えていくという形で進行していきました。

9つの質問は、「企業」「利益」「幸せ」というものを、
どのように考え、どのように結びつけていけばいいか、というものでした。

久米さんが寝ずに考えたという、「難問」へのお答えは、それぞれに含蓄があり、
心を揺さぶられました。

「私のようなドルショック・オイルショックを経験していない、
 若輩経営者が簡単に答えられるものではないけれど」

と何度も前置きされておりました。それほどの難問だったのだと思います。

近頃、テレビや新聞などで目にする経済ニュースは暗いものばかりですが、
お二人のお話は全く違っていました。

「危機」というのは、「危険」と「機会」が同時に存在するなどと言われますが、
お二人には共通して、「危険」を「機会」として最大限に活用しようという、
強い意志、気概を感じました。
また、お二人ともに「和」の世界観をお持ちです。
これが、ますます重要なキーワードになるのではないかと、感じました。

そのようなお二人のお人柄のおかげなのでしょう。
トークセッションには、さまざまなジャンルの方々が参加してくださりました。
多数の経営者をはじめ、公認会計士、コーチ、マジシャンなど、
それぞれ魅力あふれる明るい方ばかりでした。

久米さんと天野さんの縁者の方、何らかの形でこのイベントを知った方が、
「場」を共にし、笑顔でお話しされる姿を拝見することができ、
喜びを感じるとともに、人のつながりの温かさを感じることができました。

また編集者として、本と読者のみなさまをつなげるばかりではなく、
著者と読者のみなさま、読者のみなさま同士がつながることができる「場」を、
どんどん提供していける仕事をしようと、気分を新たにいたしました。

最後になりましたが、久米信行さん、天野敦之さんはじめ、
今回のイベント全体をプロデュースしてくださった
チャンス☆コーディネーターの秋田英澪子さん、
そして、ご参加くださったすべてのみなさまに、
改めて感謝を申し上げたいと思います。


今後とも、オフ会などでご一緒する機会があるかと思いますが、
ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます!

(経営者会報ブログ臨時編集部員 前川健輔)

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年1月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(853)


RSS