大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【明大生との毎週一問百答】質問第123弾は、「最初のパートナーとの出会い」

投稿日時:2008/11/04(火) 18:17rss

経営者会報ブログ編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」に
ご協力をいただきまして、ありがとうございます。

当ブログのオフ会まであと半月あまり。いよいよ明日5日(水)からは
申し込み受付を開始します。
昨年ご好評をいただきました「現役経営者vs.学生の『毎週一問百答』特別編」も
一年ぶりに復活させます。来週には明大講義に参加して、オフ会用の質問を募集してくるつもりです。
明大生のみなさん、しっかり準備しておいてくださいね。

さて、今週の「一問百答」は前期から続けて久米信行さん明大講義を受講し、
CanPanブログの「個人ランキング」で堂々第2位に位置する人気ブログ
を運営中の、廣瀬勝也さんからの質問を採用させていただきました。

※廣瀬勝也さんのブログ「クリエイティブ広告論」は、こちらから

<質問>
一番最初、一人目のパートナー・社員とは、「いつ」「どこで」「どうやって」
出会いましたか。教えていただければ幸いです。

(明治大学商学部 廣瀬勝也さん)



事業で自分の思いを実現させるには、頼りになるパートナーや手足になって動いてくれる部下が
不可欠ですよね。学生さんながら、なかなか鋭い質問と感じました。

ただし、自分で起業した方の場合は額面どおりにお答えいただくとして、
事業を引き継いだ方にとっては、捉え方が難しいかと思います。
そこで、事業を引き継いだ方の場合には、
1)自分が経営を引き継いで初めて採用した社員
2)引き継いだあとに、自分を一番サポートしてくれた既存の社員
のどちらの切り口でもかまいませんので、出会いのいきさつについて
ご披露いただければ幸いです。

社長さんにとってなかなか書きづらいテーマかもしれませんが、私のように
腹心となる部下を求めて悪戦苦闘する(笑)、中間管理職にとっても興味津々なテーマです。

お一人でも多くの方が回答してくださるよう、期待しております。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

今週も熱い回答をお待ちしておりますので、何とぞよろしくお願い致します!

(経営者会報編集部 大西啓之)

トラックバック一覧

  • » 「最初のパートナーとの出会い」 from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    一番最初、一人目のパートナー・社員とは、「いつ」「どこで」「どうやって」出会いましたか。教えていただければ幸いです。(明治大学商学部 廣瀬勝也さん)廣瀬勝也さんこ...
  • » はじめての従業員はブログでの叫びから! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    一番最初、一人目のパートナー・社員とは、「いつ」「どこで」「どうやって」出会いましたか。教えていただければ幸いです。(明治大学商学部 廣瀬勝也さん)経営者会報ブログ...

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(852)


RSS