大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【明大生との毎週一問百答】質問第122弾は、「社員との公私の線引き」について

投稿日時:2008/10/28(火) 20:25rss

経営者会報ブログ編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」に
ご協力をいただきまして、ありがとうございます。

何度かお伝えしておりますが、経営者会報ブログ恒例の“秋のオフ会”を
11月20日(木)に開催します。調整中のタイムスケジュールも、もうすぐ確定します。
今回も学生さんにたくさん来ていただきたいですね~。
懇親会場では6月のオフ会同様、経営者のみなさまを質問攻めにあわせてくれるのが、
今から楽しみで仕方ありません。

今回は、イベントの全体を通して明大駿河台校舎の敷地内で運営します。
社会人の方にとっては、ふだんはなかなか味わえないアカデミックな雰囲気を、
ぜひ、味わっていただきたく存じます。

さて、今週の「一問百答」は久米信行さん明大講義に前期から引き続いて参加している、
商学部3年生松尾英一さんからの質問を採用させていただきました。

<質問>
部下の方とはプライベートでも親しいのでしょうか。
あまり親しくなると、仲たがいなどした場合に、プライベートの関係が
仕事にも影響を及ぼしてしまう場合があるのでは、と危惧します。
そうした仕事とプライベートの“けじめ”については
どのように線引きされていらっしゃいますか。

(明治大学商学部3年 松尾英一さん)


※松尾さんのブログ「名古屋贔屓 ~グランパス推奨ブログ~」はこちらから
 
※松尾さんが前回登場してくれた「一問百答」第111弾はこちらから

私も学生の頃は松尾さんと同じようなことを考えていました。
社会人になる=俗人になるということなので、プライベートでは
上司や先輩、同僚とは一線を画したい、と。

ところが、最初に務めた金融機関は和気藹々の雰囲気で、
同期入社の男女2対2で、よく遊びに行ったものです。
上司にも、しょっちゅう飲みに連れて行ってもらいました。

まあ私のどうでもいい事例はともかくとして(笑)、立場が社長さんとなれば、
社員との付き合い方もちょっと違ってくると思います。
あえて一線を引く方や、意図的に飲み会を増やしてコミュニケーションを
深める方など、社長さんそれぞれのお考えが反映されると思います。

どんな回答が並ぶか、楽しみですね。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

今週も熱い回答をお待ちしておりますので、何とぞよろしくお願い致します!

(経営者会報編集部 大西啓之)

トラックバック一覧

  • » 「社員との公私の線引き」について from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    <質問>部下の方とはプライベートでも親しいのでしょうか。あまり親しくなると、仲たがいなどした場合に、プライベートの関係が仕事にも影響を及ぼしてしまう場合があるのでは、...
  • » 社員との公私の線引き from 株式会社サワダ製作所 代表取締役 澤田 浩一 の日記
    <質問>部下の方とはプライベートでも親しいのでしょうか。あまり親しくなると、仲たがいなどした場合に、プライベートの関係が仕事にも影響を及ぼしてしまう場合があるのでは、...

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(852)


RSS