大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【編集部・田中ガクの取材日記vol.09】ざびえる本舗 太田清利社長

投稿日時:2012/03/29(木) 10:25rss

【編集部・田中ガクの取材日記vol.09】ざびえる本舗 太田清利社長

 「銘菓ざびえる」(12.03.29)

 

経営者会報ブログ編集部、そして月刊『ニュートップリーダー』編集部の田中ガクです。

 

先日、月刊『ニュートップリーダー』4月号掲載予定の「特集・わが社はこうして生ま

れ変わった」の事例の取材で、大分県大分市に本社を構える、ざびえる本舗を訪ね、同

社の太田清利社長にお話をうかがいました。同社は、太田社長がもともと営業課長を務

めていた会社の事業を元社員7名で引き継ぐことになった会社で、大分銘菓として県民

の方々に親しまれている「ざびえる」などの製造・販売を手がけています。

 

 

太田社長です。

 

ざびえる本舗ホームページ >>>

 

もともと「ざびえる」を手がけていたのは菓子製造・販売の長久堂でした。しかし同社

は、2000年10月に自己破産してしまいました。



(ざびえる本舗の本社です)
 

当時、55歳だった太田社長は、地元からの「ざびえる」を惜しむ声や取引先の社長の言

葉に背を押されて事業を引き継ぐことを決意し、元社員とともに新会社である「ざびえ

る本舗」を設立。半年後の2001年4月20日に「ざびえる」の再販売を開始しました。

現在では、長久堂が販売していた頃よりも販路を広げ、名実ともに大分銘菓として「ざ

びえる」を復活させています。



(銘菓「ざびえる」です。一口大で、小麦粉にバターをきかせた西欧風の皮の中に
純和風の白餡が詰められ、ラム酒につけ込まれたレーズンがほのかに香ります)
 

新会社を設立するにあたって、太田社長はどのように事業展開をしていったのか、詳し

くは4月1日発売予定の『ニュートップリーダー』4月号をご覧いただき、組織を生ま

れ変わらせるうえでのヒントを感じていただければ、幸いです。

 

 

太田社長はおだやかで、長久堂が自己破産さえしなければ会社を起こすようなタイプの

方ではなかったと拝察します。「ざびえる」を愛する気持ちと責任感がそれだけ強かっ

たのでしょう。「地元の応援があったからこそ復活できた」と太田社長はおっしゃいま

したが、大変僭越ながら、太田社長のお人柄と気持ちがあったからこそ、そうした地元

から応援を受けられたのではないかと思いました。

 

長時間にわたり、丁寧にお話をしてくださり、焼きたてのざびえるまでごちそうしてく

ださいました。

 

太田社長、ありがとうございました!


■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー

ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>

■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>

■経営者だけが集うブログサロン 経営者会報ブログ

ご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>

■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(852)


RSS