大きくする 標準 小さくする


【明大生との毎週一問百答】第196弾は「子持ち女性起業家へのアドバイス」について

投稿日時:2010/05/18(火) 16:47rss

いつもお世話になっております。
経営者会報ブログ編集部の田中学です。

先日、この3月に生まれた友人の赤ちゃんを抱かせてもらいました。
首がすわりかけということもあり、少し緊張しましたが、
友人のお嫁さん曰く、私はあやすのが上手だとか。
たしかに、赤ちゃんも笑ってくれる。

私が「赤ちゃんを抱く機会はあまりないけど、たまになら楽しい」というと、
「あぁ~、男の人は気まぐれだからねぇ」とのこと。お嫁さんの本音が
垣間見えました。友人はわが子をかまうのが苦手なようです(笑)。

何はともあれ、友人夫婦には子供と一緒に元気に暮らしてもらえたらと思いました。

今週は、「子持ち女性起業家へのアドバイス」についてです。
質問というよりも助言になりますが、よろしくお願いいたします!


〈質問〉----------------------------------------------------

 子持ちで起業した女性経営者の方、
 大学4年22歳子持ちで起業を目指す私にアドバイスをください!

       (明治大学商学部 梅津麗紀さん)

----------------------------------------------------------------


「イクメン」なるコトバも流行っているようで、
男性が子育てに積極的に参加する風潮になってきているように思います。
神戸では下記のような取り組みが行なわれているそうです。

●神戸の「イクメン」100人に認定証を授与

とはいえ、「流行っている」程度では、男性の子育てが定着しているとは
いえないでしょう。しかし、6月末には改正育児・介護休業法が施行され、
男性の育児休暇の取得が容易になるといいます。
若年層では、共働き世帯が増えているので、会社としても
育児休業に関するルールの見直しが必要かもしれません。

今回の質問は、「子持ち女性の起業について」です。
まだまだ子育ては女性がするものという意識が強いなかで、
起業を目指す梅津さんに力強いアドバイスをお願いいたします!
男性経営者の方でも、身近にいる子持ち女性経営者の実例をご紹介いただいたり、
あるいは、若くして起業する際の心得などについて、ご教示いただければ幸いです。


大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。

また、外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放して
おります。学生さんをはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(852)


RSS