大きくする 標準 小さくする

2012年03月30日(金)更新

【編集部・田中ガクの取材日記vol.10】杉野ゴム化学工業所 杉野行雄社長

【編集部・田中ガクの取材日記vol.10】杉野ゴム化学工業所 杉野行雄社長

 「江戸っ子1号」(12.03.30)

 

経営者会報ブログ編集部、そして月刊『ニュートップリーダー』編集部の田中ガクです。

 

先日、月刊『ニュートップリーダー』4月号掲載予定の「キラリと光る スモールカン

パニー」の取材で、東京都葛飾区に本社を構える、杉野ゴム化学工業所を訪ね、同社の

杉野行雄社長にお話をうかがいました。同社は、創業1956年、おもに工業用のゴム製

品の開発・製造を手がける会社です。米国の3M社や国内大手製造業などからの開発を

請け負うなど、ゴム製品業界ではその名が知られている同社ですが、現在、とてもユニ

ークな取り組みを進めており、注目を集めています。その取り組みとは、東京と千葉の

中小企業同士で連携して世界初となる商業深海探査機の開発プロジェクトの展開です。

 

 

201203281841_1-200x0.jpg

杉野社長です。

 

杉野ゴム化学工業所ホームページ >>>

 

江戸っ子1号」と名付けられた深海探査機は、水深8000メートルの水圧にも耐え、

海底の様子を撮影したり、その泥を採取するといいます。しかも、価格は1台200万~

400万円を想定しており、運用コストも低額です。周囲を海に囲まれる日本には、豊富

な海洋資源がありますので実際に運用が始まれば、多くの貴重な発見をもたらしてくれ

るのではないかと思います。

 

詳しくは、4月1日発売予定の『ニュートップリーダー』4月号をご覧いただければと

思います。


201203281841_2-300x0.jpg
(試験機に搭載されるガラス球。水深8000メートルの水圧にも耐えるそうです)
 

深海探査機の開発プロジェクトは、一度、頓挫しそうになるなど、杉野社長は大変な苦

労を重ねられたそうです。苦労を乗り越え、ついに試験機の耐圧テストを間近に控えた

なかでの取材でした。お忙しいなかお時間を割いていただいた杉野社長に厚く御礼を申

し上げます。

 

実際にお話をうかがい、日本の将来において大きな可能性を切り開く取り組みであると

感じました。大変僭越ながら、杉野社長が開発プロジェクトについて語るときの嬉々と

した表情が、とても印象的でした。楽しんでおられるからこそ、困難なプロジェクトで

あっても推し進めていくことができるのでしょう。

 

杉野社長、ありがとうございました!


201203281836_1.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー

ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>

■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>

■経営者だけが集うブログサロン 経営者会報ブログ

ご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>

■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2012年03月29日(木)更新

【編集部・田中ガクの取材日記vol.09】ざびえる本舗 太田清利社長

【編集部・田中ガクの取材日記vol.09】ざびえる本舗 太田清利社長

 「銘菓ざびえる」(12.03.29)

 

経営者会報ブログ編集部、そして月刊『ニュートップリーダー』編集部の田中ガクです。

 

先日、月刊『ニュートップリーダー』4月号掲載予定の「特集・わが社はこうして生ま

れ変わった」の事例の取材で、大分県大分市に本社を構える、ざびえる本舗を訪ね、同

社の太田清利社長にお話をうかがいました。同社は、太田社長がもともと営業課長を務

めていた会社の事業を元社員7名で引き継ぐことになった会社で、大分銘菓として県民

の方々に親しまれている「ざびえる」などの製造・販売を手がけています。

 

 

201203281826_1-200x0.jpg

太田社長です。

 

ざびえる本舗ホームページ >>>

 

もともと「ざびえる」を手がけていたのは菓子製造・販売の長久堂でした。しかし同社

は、2000年10月に自己破産してしまいました。


201203281826_2-300x0.jpg
(ざびえる本舗の本社です)
 

当時、55歳だった太田社長は、地元からの「ざびえる」を惜しむ声や取引先の社長の言

葉に背を押されて事業を引き継ぐことを決意し、元社員とともに新会社である「ざびえ

る本舗」を設立。半年後の2001年4月20日に「ざびえる」の再販売を開始しました。

現在では、長久堂が販売していた頃よりも販路を広げ、名実ともに大分銘菓として「ざ

びえる」を復活させています。


201203281826_3-300x0.jpg
(銘菓「ざびえる」です。一口大で、小麦粉にバターをきかせた西欧風の皮の中に
純和風の白餡が詰められ、ラム酒につけ込まれたレーズンがほのかに香ります)
 

新会社を設立するにあたって、太田社長はどのように事業展開をしていったのか、詳し

くは4月1日発売予定の『ニュートップリーダー』4月号をご覧いただき、組織を生ま

れ変わらせるうえでのヒントを感じていただければ、幸いです。

 

 

太田社長はおだやかで、長久堂が自己破産さえしなければ会社を起こすようなタイプの

方ではなかったと拝察します。「ざびえる」を愛する気持ちと責任感がそれだけ強かっ

たのでしょう。「地元の応援があったからこそ復活できた」と太田社長はおっしゃいま

したが、大変僭越ながら、太田社長のお人柄と気持ちがあったからこそ、そうした地元

から応援を受けられたのではないかと思いました。

 

長時間にわたり、丁寧にお話をしてくださり、焼きたてのざびえるまでごちそうしてく

ださいました。

 

太田社長、ありがとうございました!


201202231605_5.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー

ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>

■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>

■経営者だけが集うブログサロン 経営者会報ブログ

ご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>

■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2012年03月28日(水)更新

【編集部からのお題】⑦経営者にとっての「運」とは?

編集部からのお題⑦
経営者にとっての「運」とは?
 

 
取材で経営者にお会いしていると、
よく聞くのが、「私は運がよかった」というフレーズです。
 
実際、そうおっしゃる方は運がよいのでしょうし、
「運のよさ」は経営者としての資質とはいえませんが、
当然ながら、誰しも求めるものではあるでしょう。
 
そして、運のよい人、よさそうな人をよく見てみると、
運をよびよせる行動パターンをしていたり、
人がつい助けたくなる、愛嬌であったり人徳を
多分におもちの場合もあるように思います。
 
みなさんは、経営者の「運」について、
どのような考えをおもちでしょうか。
知っている経営者や、ご自身が運がよいとしたら、
それはなぜだとお考えなのか。
ぜひブログで綴ってみてください!
 
 
*ご自身のブログでお書きになった方は、みなさまの記事を読み
たい読者の方が一覧で目を通せますので、お手数ですが、該当記
事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいた
します。
 

2012年03月28日(水)更新

【ブログピックアップ】八戸ニューシティホテル 谷口圭介さん

「ブログピックアップ」では、経営者のみなさんの書かれたブログの中から
お薦めのブログをご紹介しています。
 
今回のお薦めブログは、八戸ニューシティホテルの谷口圭介さんです。
 
*      *      *
 
板長です。
 
このブログは昨日の朝の「はやぶさ」の車内で書き込みをして事前投稿をした内容です。
八戸はまだまだ真冬の寒さです。
季節の変わり目に南の国へ移動。
 
次に八戸に戻るのは4月の後半です!
 
 
■続きはこちら >>>
■八戸ニューシティホテル ホームページはこちら >>>
 
 
*      *      *

 
百貨店などの催事に招かれ、旅に出ることの多い谷口さんです。
重圧を感じておられつつも、目にするものや、新たな出会いを、
楽しんでおられることが伝わってきます。
 
『虎鯖』のおいしさはもちろんですが、
そんな谷口さんだからこそ、ファンが付くのでしょう。
 
それにしても、忙しい道中の時間を縫って、
弊誌ニュートップリーダーをお読みいただき、ありがとうございます。
 
谷口さんのような、常に携行してくださる経営者の期待にお応えできるよう、
どのページを開いてもなにかしら発見のある雑誌にしていくべく、
編集部一同、努力してまいります!
 
 
(編集部 酒井俊宏)
 
 
 
 
201203281836_1.jpg
■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』
ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
 

2012年03月28日(水)更新

【編集部・田中ガクの取材日記vol.08】愛知県立大学 與那覇潤准教授

【編集部・田中ガクの取材日記vol.08】愛知県立大学 與那覇潤准教授

 「中国化する日本」(12.03.28)

 

経営者会報ブログ編集部、そして月刊『ニュートップリーダー』編集部の田中ガクです。

 

先日、月刊『ニュートップリーダー』4月号掲載予定の「この人に訊く!」の取材で、

愛知県立大学日本文化学部歴史文化学科の與那覇潤(よなは・じゅん)准教授ににお話を

うかがいました。與那覇先生は、昨年11月に刊行された『中国化する日本』が話題となり、

注目を集める気鋭の若手歴史研究者です。西洋化やグローバル化とは実は、約1000年前、

中国・宋王朝が築いた社会構造に倣った「中国化」であり、日本がいままさに中国化しつ

つあるという斬新な歴史像を提示されています。


 

201203281811_1-200x0.jpg

與那覇先生です。


與那覇先生のツイッター >>>


 

與那覇先生によれば、「中国化」とは尖閣諸島関連など今日の政治問題において、中国政

府のパワーに日本が屈するといった、中国脅威論的な内容ではなく、単純にいえば、日本

社会のあり方が中国社会のあり方に似てくることを意味するそうです。
 

1000年に及ぶ通史という大きな歴史の流れを、独特の新しい視座でとらえることで何が見

えてくるのかといえば、混迷を極める現在の日本の行く末を考えるためのヒントです。グ

ロバール化というものの実態や日本の成り立ちが、これまでの認識とは異なる形で見えて

くることでしょう。


201203281811_2-200x0.jpg
(『中国化する日本』 Photo by 山本信介)
 

詳しくは、4月1日発行予定の『ニュートップリーダー』4月号をご覧いただければと思

います。

 

與那覇先生は、今週末の3月31日(土曜深夜)にNHK Eテレで放映される、1970年生ま

れ以降の若手論客が集う新世代討論番組『ニッポンのジレンマ』にご出演されます。こと

しの正月深夜に放送された同番組の第1回は、大きな反響を呼んだといいますので、個人

的に番組の放送を楽しみにしています。

 

私(=田中)は與那覇先生と同い年で、しかも大学では先生と同様に日本史を専攻してい

ました。與那覇先生の師匠である教授が非常勤講師として私の大学で講義をもたれていて、

受講していた、というご縁があります。そうした方を誌面を通してご紹介できたことをと

ても嬉しく思います。

 

與那覇先生、ありがとうございました!

 

201202231605_5.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー

ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>

■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>

■経営者だけが集うブログサロン 経営者会報ブログ

ご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>

■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

バックナンバー

<<  2012年3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31