大きくする 標準 小さくする

2012年02月27日(月)更新

【編集部・田中ガクの取材日記vol.07】株式会社黒壁 髙橋政之社長

【編集部・田中ガクの取材日記vol.07】株式会社黒壁 髙橋政之社長
 「人情」(12.02.27)

 

経営者会報ブログ編集部、そして月刊『ニュートップリーダー』編集部の田中ガクです。

 

先日、月刊『ニュートップリーダー』3月号掲載予定の特別記事「『楽しい町おこし』の

集客パワーに学ぶ」の取材で、滋賀県長浜市にある株式会社黒壁を訪ね、同社の髙橋社長

にお話をうかがいました。同社は1988年に設立された、官民による共同出資の会社です。

当初は、長浜のシンボルとして「黒壁」の愛称で親しまれていた明治期の建物が取り壊さ

れるの防ぐため、その建物の購入を目的に地元経営者有志が中心となって設立されました。

 

現在、三代目を務める髙橋社長は、金属加工を営む髙橋金属(滋賀県長浜市)の二代目で

あり、いまは会長職にあります。

 

201202231633_1-200x0.jpg

髙橋社長です。

 

黒壁ホームページ >>>

髙橋金属ホームページ >>>

 

いまでは、毎年200万人前後の観光客が訪れ、黒壁スクエアと称されるJR長浜駅から北

東に広がる一帯は活気に満ちていますが、黒壁が建物を購入した当時は、午後の一時間で

「人が4人、犬が1匹」しか通らないほど寂れていたといいます。そうした状況から歴史性、

国際性、芸術性という3つのコンセプトで町おこしを手がけていった黒壁の取り組みにつ

いては、3月1日発行予定の『ニュートップリーダー』3月号をご覧いただければと思い

ます。

 

 

取材当日は、この冬一番の大雪に見舞われ、地元の方ですら、「これほど雪が降ったこと

は記憶にない」というほど。一晩で70~80センチほど雪が積もったように思います。町
中、雪かきに精を出す方たちであふれていました。

 

201202231633_2-300x0.jpg

 

高橋社長は、そのお人柄から郷土愛がにじみ出ていることを感じました。悪天候の中、取

材に応じてくださり、この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございました!

 

そして、長浜の冬の風物詩「盆梅展」などを案内してくださった黒壁の田邊取締役にも厚
く御礼申し上げます。

201202231633_3-300x0.jpg

 

201202231633_4-300x0.jpg
(長浜のガラスを鉢としている盆梅です)

町中を歩いているとき、タクシーに乗車した際、皆さんがとても親しくしてくださいまし

た。髙橋社長の「長浜の町おこしには、市民の人情も活かされています」という言葉を強

く実感しました。

 

今回の取材では、雪の影響もあり、町を散策することができませんでしたので、次回は天

候がよいときに、ゆっくりと巡ってみたいと思います。

 

 

長浜市の皆さん、ありがとうございました!

 

 

201202231605_5.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』

ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>

■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>

■経営者だけが集うブログサロン 経営者会報ブログ

ご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>

■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2012年02月24日(金)更新

【ブログピックアップ】J-GROUP 樋下茂さん

「ブログピックアップ」では、経営者のみなさんの書かれたブログの中から
お薦めのブログをご紹介しています。
 
今回のお薦めブログは、J-GROUPの樋下茂さんです。
 
*      *      *
 
ある人から「○○さんこう言ってたで」
 
なんか偉そうに言われたようでカチンとしました・・
 
しかし○○さんと実際会って話すと普通・・・
 
要は真ん中に入っていた人の
人柄が偉そうだった
 
 
■続きはこちら >>>
■J-GROUP ホームページはこちら >>>
 
 
*      *      *
 
樋下さんのブログを拝見していると、大変僭越ながら、
常に学ぶ姿勢をおもちであることがよくわかります。
 
悩まれていることも、かなりオープンにされていますし、
同じように若くして経営者になった方々には、
非常に参考になるのではないかと思います。
 
樋下さん、これからもブログを楽しみにしております!
 
 
(編集部 酒井俊宏)
 





20120206_1.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』
ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2012年02月24日(金)更新

【編集部からのお題⑥】社員さんをどうやって元気づけていますか。

編集部からのお題⑥
社員さんをどうやって元気づけていますか。



最新のニュートップリーダーの特集テーマは、
《「元気な会社」だから伸びる!》でした。

経営には戦略や戦術などの占める比重も高いですが、
一人ひとりの社員のがんばりが、
その遂行には欠かせません。

明るく元気にがんばる社員さんの多い会社は、
誰だって応援したくなる。

その差が、いまの時代、
気づくと大きな差になることがあると思うのです。

みなさんは、自社の社員さんを元気づけるため、
どのようなしかけ、しくみ、イベントを行なっていますか。

ぜひブログでお知らせください!


*ご自身のブログでお書きになった方は、みなさまの記事を読み
たい読者の方が一覧で目を通せますので、お手数ですが、該当記
事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいた
します。
 

2012年02月24日(金)更新

【編集部・田中ガクの取材日記vol.06】熊本県大阪事務所「くまスタ」チーム

【編集部・田中ガクの取材日記vol.06】熊本県大阪事務所「くまスタ」チーム
 「くまモン」(12.02.24)

 

経営者会報ブログ編集部、そして月刊『ニュートップリーダー』編集部の田中ガクです。

 

先日、月刊『ニュートップリーダー』3月号掲載予定の特別記事「『楽しい町おこし』の

集客パワーに学ぶ」の取材で、大阪市北区の梅田駅前に事務所を構える熊本県大阪事務所

を訪ねました。同事務所は、関西方面に本拠を構える企業の工場を熊本県へ誘致したり、

熊本県出身の方々の交流促進などをおもに手がける、熊本県庁の出先機関です。近年、関

西方面を中心に活動し、全国的にも知名度が高まっている熊本県のPRキャラクター「く

まモン」の活動も実行しています。

 

201202231605_6-300x0.jpg

熊本県大阪事務所「くまスタ」チームの皆さんです。


「くまモン大阪出張紀行」(ブログ) >>>

くまモンのtwitter >>>
 

今回は、「くまモン」を活かした地域活性化で成果を挙げている熊本県が、どういった取

り組みを通じて、町おこしに関する活動を盛り上げていったのか、などについてお話をう

かがいました。詳しい内容は、3月1日発行予定の『ニュートップリーダー』3月号をご

覧いただければと思います。

 

「くまモン」の人気が高まったのは、様々な取り組みが奏功したためですが、取材を通じ

て、何より印象的だったのは、「くまスタ」チームの皆さんの明るさ、です。大変、僭越

なことですが、私自身が抱いていた公務員の方々に対するイメージとは、ずいぶんかけ離

れていました。チームの皆さんが楽しみながら、くまモンに関連する活動を日々行なって

おられるからこそ、くまモンは「ゆるキャラグランプリ」で第1位になるなど、活躍して

いるのだと感じました。そして、労力が分散しないよう「大阪で営業をしたこと」も大き

いのですね。

 

そうした楽しみながら仕事ができるというのは、一般の企業でもとても大切なことなのだ

と思いますし、こうした取材をさせていただくとこちらまでとても楽しい気分になります

(いつもつまらないと感じながら仕事をしているわけではありませんが・笑)。

 

 

取材当日は、イベントなどの仕事がなかったくまモンと挨拶、名刺交換をさせていただき、

サインまでしてくれました!

201202231605_7-300x0.jpg


201202231605_8-300x0.jpg

201202231605_9-300x0.jpg

今年度、くまモンは36パターンある名刺3万枚を配付するミッションに励んでおり、いた

だいた名刺はそのうちの1枚です。「熊本県の、バラマキ政策。(名刺だけど)」という

フレーズのものでした。


 

「くまスタ」チームの皆さん、楽しい取材を、ありがとうございました!

 

 

201202231605_10.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』

ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>

■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>

■経営者だけが集うブログサロン 経営者会報ブログ

ご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>

■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2012年02月23日(木)更新

【編集部・田中ガクの取材日記vol.05】「読書のすすめ」代表 清水克衛さん

【編集部・田中ガクの取材日記vol.05】「読書のすすめ」代表 清水克衛さん
 「縦糸の読書」(12.02.23)



経営者会報ブログ編集部、そして月刊『ニュートップリーダー』編集部の田中ガクです。

 

先日、月刊『ニュートップリーダー』3月号掲載予定の「この人に訊く!」の取材で、東

京都江戸川区篠崎にある書店「読書のすすめ」代表の清水克衛さんにお目にかかりました。

清水さんは、「本のソムリエ」として、お客様とお話しすることを通じて、その方に合っ

た最適の一冊をお届けする独特の販売スタイルが注目を集め、メディアにもたびたび登場

されています。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

201202231527_2-200x0.jpg

清水さんです。(撮影・Photographer 山本信介)
 

「読書のすすめ」ホームページ >>>

 

今回は、清水さんがことし1月に刊行された『他助論』(サンマーク出版)に絡め、どう

して独特の販売方法を手がけるようになったのか、商売をするうえで大切にされているこ

と、そして、清水さんが本を読む際に重視されている、いまの時代だからこその「縦糸の

読書」についておうかがいいたしました。詳しい内容は、3月1日発行予定の『ニュート

ップリーダー』3月号をご覧いただければと思います。

 

 

「多い月には200冊読む」とおっしゃる多読家の清水さん。様々な本をご紹介いただきな

がら、お話をしてくださいました。記事中では、『お家さん』玉岡かおる・著(新潮文庫)、

『福の神になった少年』丘 修三・著 村上豊・絵(佼成出版社)を挙げてくださっていま

す。

 

ここでは、そのほかの本について紹介します。

 

1.『生きがいの創造』飯田史彦・著(PHP研究所)

独特の販売スタイルを手がけるようになった清水さんが、初めて店頭でお客様におすすめ

された本だそうです。

 

2.『No.1理論』西田文郎・著(現代書林)

おすすめされてきたなかでも、思い入れのある1冊として、ご紹介してくださいました。

 

3.『逆転の発想』糸川英夫・著(プレジデント社)

初版発行は、いまから約40年前の1974年。航空機設計士である著者は、この著書の中で、

エリートというのはいまと過去に通用する人であり、時代の変革期には、むしろそうした

過去の経験が邪魔になって役立たず、何も決められない、というそうです。清水さんは、

いまも同じ状況にあるのではないか、と訴えておられました。

 

4.『田中角栄に訊け!』後藤健次・監修(プレジデント社)

田中角栄の評価には賛否両論があるでしょうが、エリートではなかったからこそ、強力な

リーダーシップを発揮しできたのではないか、と清水さんはいいます。そうした田中角栄

には、学ぶべきことがたくさんあり、それらを知るうえで最適の1冊だそうです。

 

5.『左岸より』倉本聰・著(理論社)

80年代に綴られたエッセイ集。左岸は実践家をさし、右岸は評論家。川を挟んでほぼ同じ

地点にいる両者ですが、評論家は左岸を見ながら、様々に批判をしています。ですが、い

ざ実践するために左岸に泳いで渡ろうとすると、川の流れによって、左岸にいる実践家が

立つ地点に泳ぎ着くことはできない。川の流れが何を意味するのかを考えれることが重要

だとのことです。

 

6.『成りあがり』矢沢永吉・著(角川文庫)

清水さんがこの春から仕掛ける「三世代ブックス」という棚にラインナップされる1冊。

 

 

書籍タイトルにはリンクをつけておりません。清水さんが「読書のすすめ」で大切にお売

りしていらっしゃいますので、ぜひ、お店を訪ねていただき、清水さんとお話をしていた

だければと思います。

 

関西方面の方には、清水さんのお店に学び、同様の志をもたれる書店さん「ブックランド

フレンズ」(兵庫県伊丹市)がおすすめだそうです。清水さんのお店とはラインナップは

異なるでしょうが、個性溢れるお店とのことです。

 

 

清水さん、ありがとうございました!

 

 

201202231605_5.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』

ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>

■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>

■経営者だけが集うブログサロン 経営者会報ブログ

ご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>

■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2012年02月06日(月)更新

編集部からのお題⑤大学の9月入学、どう思われますか?


編集部からのお題⑤
大学の9月入学、どう思われますか?
 
 
大学の9月入学が、進められていきそうです。私など、古くさい(?)型の
人間は、やはり桜の咲く頃のほうが気分的には合いますが、国際的標準とい
う見地や、実質社会に出るまで一年増えることの、人生経験のメリットも挙
げられていて、ご意見の分かれるところかと思います。
 
みなさまは、どうお考えでしょうか。ご自身の学生生活のご経験にもとづく
お考えや、若者を社員として迎える、あるいは子をもつ親としての立場など
から、どのように思っておられるかを、綴っていただければ幸いです。
 

*ご自身のブログでお書きになった方は、みなさまの記事を読み
たい読者の方が一覧で目を通せますので、お手数ですが、該当記
事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいた
します。
 

2012年02月06日(月)更新

【ブログピックアップ】双和食品工業 高尾幸子さん

「ブログピックアップ」では、経営者のみなさんの書かれたブログの中から
お薦めのブログをご紹介しています。
 
今回のお薦めブログは、双和食品工業の高尾幸子さんです。
 
*      *      *
 
ブログ投稿600回 (24.2.4)
600回になりました。
公開日   :2006年3月24日
個人番号  :4
年齢    :69歳 (性別:女)
期間    :5年4ケ月
投稿回数  :600回
閲覧者   :81610名 (24.2.4 現在)
 
 
■続きはこちら >>>
■双和食品工業 ホームページはこちら >>>
 

 
*      *      *
 
高尾さんは経営者会報ブログがスタートしたときから、
ご参加くださっています。
 
600回ものご投稿、本当にありがとうございます。
大変僭越ながら、頭が下がる思いです。
 
真摯に、経営に邁進される高尾さんのような経営者が
情報発信に努められる場として、
この「経営者会報ブログ」を選んでくださっていること。
また、高尾さんのような経営者のかたに集っていただくことで
この「経営者会報ブログ」にも価値が生まれます。
改めまして、会員の皆様に厚く御礼を申し上げます。
 
高尾さん、これからも、よろしくお願い申し上げます!
 
 
 
                        (編集部 酒井俊宏)
 




20120206_1.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』
ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
 

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

バックナンバー

<<  2012年2月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29