大きくする 標準 小さくする

2012年01月23日(月)更新

【編集部・田中ガクの取材日記vol.04】森秀織物 長谷川博紀社長

【編集部・田中ガクの取材日記vol.04】森秀織物 長谷川博紀社長(12.01.23)

 

経営者会報ブログ編集部、そして月刊『ニュートップリーダー』編集部の田中ガクです。

 

先日、月刊『ニュートップリーダー』2月号掲載予定の「経営者会報ブロガー レポート」

の取材で、群馬県桐生市に本社を置く森秀織物の長谷川博紀社長に、先の東日本大震災で

大きな被害を被った同社の状況や復旧までの道のりについて、お話をうかがって参りまし

た。

 

徳川十一代将軍家斉(いえなり)が気に入り、日常的に身につける着物としたことからそ

の名がついた、桐生伝統の織物「御召(おめし)」をつくる技術を有する森秀織物は、国

の登録有形文化財の指定を受ける明治期に建築された、ノコギリ型の屋根をもつ工場建物

を、織物の生産工程などが体験できる織物参考館“紫”(ゆかり)として運営しています。

 

同社の復興までの道のりについては、2月1日発行予定の『ニュートップリーダー』2月

号をご覧いただければ、幸いです。同社の建物に被害を被ったにもかかわらず、震災発生
直後の3月中に被災した石巻市の支援に訪れたことで、同社を復旧させる強い思いを抱き、
7月1日には織物参考館の運営を再開されるまでのことを中心に紹介しています。

 


20120123_2-150x0.jpg














織物参考館“紫”として運営している、ノコギリ型の屋根をもつ、かつての工場建物


20120123_2-150x0.png











長谷川社長です。

森秀織物ホームページ >>>

長谷川社長のブログ >>>

 

 

桐生市は震源地から距離があり、国から被災地としての指定を受けていないものの、JR

桐生駅は一時、倒壊の危険性があったなど、各所の建物が被害を受けた都市の一つですが、

古くから絹織物の産地として栄えていた町です。

 

奈良時代には、東大寺の大仏の開眼式に使用される織物を納めたり、時の朝廷にも織物を

献上していたと文献に残っているといいます。

 

戦国時代から徳川家の領地となり、市内にある桐生天満宮では、関ヶ原の合戦に向け、最

初の出陣式が行なわれたところといわれているそうです。

 

江戸時代には天領となり、年貢として米ではなく絹を納めていたこともあり、さらに絹織

物産業が発展していきました。江戸から明治、大正時代には、東日本で生産される絹織物

がいったん桐生に集められてから全国へと出荷されるようになるなど、織物の一大集積地

として栄えていきます。

 

市内には、数多くの絹織物問屋が軒を連ね、ふんだんな資金をもっていたことから、明治

期以降、町づくりなどにかんして、行政よりも民間のほうが力をもつケースが多々あった

そうです。実際、明治初期には、国家予算の倍ほどのキャッシュが桐生市内で動いていた

といわれているほどで、絹織物を取扱いたい外国人も多く訪れ、市内には東京よりも早く

アスファルトの道が整備され、多くの車が行き交っていたといいます。

 

戦後、絹織物の需要が激減していくのに歩を合わせるように、桐生市内の絹織物問屋も減

っていき、長谷川社長は「いまは稼げる産業がなく苦しんでいるのが実情です」とおっし

ゃっていましたが、戦中、空襲をまぬがれた市内には、レンガ造りの建物などが残ってい

るところもあり、落ち着いた雰囲気のある町並みです。昨年8月末、テレビ東京系「アド

街ック天国」に取り上げられると多くの観光客が訪れたといいます。

 

番組で取り上げられた名所はこちら >>>

 

駅前の商店街には若者が開いたと思われるような店舗もいくつかあり、いわゆるシャッタ

ー商店街にはなっておらず、活気を感じることができました。今回はあまり時間がなく、

市内をゆっくりと回ることができませんでしたので、また訪ねてみたいと思っています。

 

長谷川社長、ありがとうございました!

 


 

20111228_1.jpg

■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』

ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>

■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>

■経営者だけが集うブログサロン 経営者会報ブログ

ご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>

■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

2012年01月19日(木)更新

【ブログピックアップ】コクホー 庄山 悟さん

 
「ブログピックアップ」では、経営者のみなさんの書かれたブログの中から
お薦めのブログをご紹介しています。
 
今回のお薦めブログは、コクホー庄山悟さんです。
 
*      *      *
 
可哀想やけど、ハナから勝負などついていた。    
             
例えるなら南河内大学応援団親衛隊長の青田赤道が    
雑学の本を徹夜で読み通しただけで、
ロザンの宇治原にクイズで挑戦するようなもんだ。
 
 
■続きはこちら >>>
■コクホー ホームページはこちら >>>
 
 
*      *      *
 
サービス精神旺盛な庄山さんの、エネルギッシュで楽しく勉強になり、温か
い共感が読み手の内面にわき上がってくるブログを、楽しみにしている人は
多いと思います。私も、ファンの一人です。
 
一方で、大変僭越ながら、話材の引き出しの多さ、文体のバリエーション、
的確な比喩、オチにもっていく構成の巧みさにも大いに感服しています。一
編集記者として、勉強させていただいています。
 
庄山さん、そろそろ、ほろりとくるのをお願いしますね(笑)。
 
 
 
(編集部 酒井俊宏)
 







20111228_1.jpg
■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』
ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>
 

2012年01月19日(木)更新

編集部からのお題④ことし(いま)一番力を入れたい製品・サービスは?

編集部からのお題④(2012/1/19)
【ことし(いま)一番力を入れたい製品・サービスは?】



謙虚なかたが多いためか、ご自身のブログで自社のサービスや商品について
ストレートに書かれるかたはあまりおられないようです。

ですので、堂々とお書きいただくために設けてみました。
ぜひ、ことし、あるいはいま、力を入れたい商品・サービスについて、
お教えください。
 
実際、みなさんやみなさんの会社でいま何に力を入れておられるかは、
読者の方々にも大いに興味のあるところだと思います。
どうか堂々と、綴ってみてください。
 


*ご自身のブログでお書きになった方は、みなさまの記事を読み
たい読者の方が一覧で目を通せますので、お手数ですが、該当記
事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいた
します。
 

2012年01月19日(木)更新

【学生・社会人との毎週一問百答】第254弾は「学生時代に頑張ったこと」について

いつもお世話になっております。

経営者会報ブログ編集部の田中学です。

 

先月22日にアップしました【取材日記vol.03】で、久米さんの明大講義の模様を

お伝えし、最終講義に向けてそれぞれに努力する学生さんの様子など紹介いたし

ました。

 

先週の最終講義も聴講させていただき、その模様をお伝えしたいと考えていたの

ですが、業務の都合上、足を運ぶことができませんでした。毎回、学生さんの質

問にお答えいただく経営者の皆様は、学生さんたちがどのように講義を受けてい

るのか、気になるかと思います。

 

久米さんは来期も講義をもたれます。来期の講義では、聴講した都度、皆様にそ
の様子をお伝えしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げま
す。

 

 

それでは、2012年、最初の一問百答を紹介いたします。ことしもよろしくお願い

申し上げます。

今回は、「学生時代に頑張ったこと」についてです。

 

※私のツイッターアカウント@gakutanakaで当コーナーへの質問を受け付けています♪

 

〈質問〉----------------------------------------------------

 

 学生時代に頑張ったことは何ですか?

 

           (明治大学商学部 柄本裕基さん)

            柄本さんのブログ:旅がしたい!しよう!でかけよう!

 

--------------------------------------------------------------

 

勉強だけでなく、スポーツや趣味などに多くの時間を使うことができる学生時代に、

経営者の皆様が、とくに頑張ってやり続けていたこと、または、熱中しすぎて寝食

を忘れて没頭していたことなどについて、お教えいただきたく思います。もちろん、
いまも続けていることでもけっこうです。

 

始めたきっかけや、頑張って続けることができた理由についても振り返っていただ

ければ、質問者の柄本さんに参考にしてもらえるかと存じます。さらに、そうした

経験を通じて、いま役に立っていることなどがありましたら、合わせて綴っていた

だければと存じます。

 

 

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、

ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。

 

また、外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放して

おります。学生さんをはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

 

2012年01月06日(金)更新

編集部からのお題③リーダーにふさわしい人物は?

編集部からのお題③(2012/1/6)
【リーダーにふさわしい人物は?】


新年最初のお題です。

わが国のリーダーに、いまなってほしい人物、ということで、
それにふさわしい歴史上の人物や現実の政治家、在野の著名人は誰かを、
お書きいただければ幸いです。

日頃リーダーシップを発揮される経営者として、
誰の下なら働けるか、働きたいか、という観点からでも
もちろんけっこうです。

ご自由に綴ってみてください。


*ご自身のブログでお書きになった方は、みなさまの記事を読み
たい読者の方が一覧で目を通せますので、お手数ですが、該当記
事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいた
します。
 

2012年01月06日(金)更新

【ブログピックアップ】京都工芸 寺田 元さん

「ブログピックアップ」では、経営者のみなさんの書かれたブログの中から
お薦めのブログをご紹介しています。
 
今回のお薦めブログは、京都工芸の寺田元さんです。
 
*      *      *
 
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 
 
今年の夢へ向かうテーマは【深い呼吸】です。
 
2008年の夢のテーマが思い起こせば【絆】でした。 
今年はその絆をより深くすることで
前へ進みたいと思っています。
 
■続きはこちら >>>
■京都工芸 ホームページはこちら >>>
 
 
*      *      *
 
毎日ブログを書いておられる寺田さん。
さすがと申しますか、元旦に記事をアップしておられます。
 
写真も素晴らしく、ぜひ皆さんにご覧いただきたいと思い、
ピックアップさせていただきました。
 
京都工芸さんは、ことしで40周年を迎えるそうです。
寺田さん、おめでとうございます!
 
みなさま、こちらの記事もぜひご覧ください。
■「おかげさまで40周年」 >>>
 
 




 
20111228_1.jpg
■人間を知り経営を学ぶ、中小企業経営者のブレーン『月刊ニュートップリーダー』
ご購読のお申し込みはこちら(見本誌の無料お取り寄せができます) >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■3年分の過去記事がネットで読める「NTLメンバーズサイト」 >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

バックナンバー

<<  2012年1月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31