大きくする 標準 小さくする

2008年12月25日(木)更新

【今週のお題】お年賀ブログをトラックバックしてください!

今週(12月26日ー1月8日)のお題
■お年賀ブログをトラックバックしてください!■


会員のみなさまは年始のご挨拶ブログを書かれる方も多いことと思います。
もはや恒例となり、楽しみにしている読者もたくさんおられます。
 
一覧でみなさまのお年賀ブログが見られるよう、
お年賀ブログをトラックバックいただけたら幸いです。


*書かれた場合は、該当する記事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいたします。もちろん、コメントで「○月○日の記事に書きました」とお知らせ下さってもけっこうですが、皆様の記事を読みたい読者の方がすぐジャンプできますので、ぜひトラックバックでお願いします。

2008年12月24日(水)更新

【明大生との毎週一問百答】質問第130弾は、「メンターはいらっしゃいますか」

経営者会報編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」に
ご協力をいただきまして、ありがとうございます。

いよいよ2008年最後の「一問百答」となりました。

今年は秋ごろから急激な景気の冷え込みで、「内定取り消し」が相次ぐなど、
学生さんたちにとっても厳しい年の瀬になりました。
そのおかげか、就活本は売行きが好調だとか。きっと不安なんでしょうね。

“就活学生が集まる人生道場”岡崎塾も4期生となる今年の学生は15名を超え、
過去最高を記録したそうです。
岡崎社長の熱血指導が口コミで広まっている証拠だと思います。
※岡崎塾4期生のブログは、こちらから

今週も、岡崎塾4期生から質問が届いています。

<質問>
みなさんにはメンターと呼べる方はいますか?
また、それは誰ですか?
              (筑波大学大学院1年 窪田光祐さん)


130回を数えるこの「一問百答」で、ちょうど100回前の質問が同じようなテーマでした。
※質問第30弾は「師と仰いだ人は誰ですか」は、こちらから
 
「師」というと尊敬する先達というイメージですが、「メンター」場合はもっと身近で、
時々は相談できる間柄という気がします。いい意味で、敷居が低い存在でしょうか。

第30弾のときとは、経営者会報ブロガーのみなさまの顔ぶれも
だいぶ変わっておりますし、経営環境も大きく違っています。
ぜひ、新しい視点で、「メンター」について語っていただければ幸いです。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

今週も熱い回答をお待ちしておりますので、何とぞよろしくお願い致します!

(経営者会報ブログ編集部 大西啓之)

2008年12月18日(木)更新

【今月のお題】自分の「器」を広げるためにしていること(12月19日─1月22日)

社長の器以上に会社は大きくなれない──
とはよくいわれることです。
 
会社を大きくする云々はさておき、
ご自身の人間としての幅、社長としての器を広げるという意味では、
その必要性を否定するかたはいらっしゃらないと思います。

むしろ、立派なかたほど、現状に甘んじることなく、
人との出会いや新たな知識を求めておられる印象があります。

みなさまは、自己の幅や器を広げるために、
どのようなことをしておられますか。
具体的な取り組みでだけでなく、
心がけておられることでもけっこうです。

ぜひブログで綴ってみてください。

*ご自身のブログでお書きになった方は、お手数ですが、該当する記事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいたします。もちろん、コメントで「○月○日の記事に書きました」とお知らせ下さってもけっこうですが、皆様の記事を読みたい読者の方がすぐジャンプできますので、ぜひトラックバックでお願いします。

2008年12月17日(水)更新

【明大生との毎週一問百答】質問第129弾は、「理想のパートナーはどんな人?」

経営者会報ブログ編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」に
ご協力をいただきまして、ありがとうございます。

先週の質問「ご家族についてお聞かせください」は大きな反響を呼びました。
久々に8件のトラックバックが並び、みなさまが思い思いの家族観を披露してくださりました。

個人的な印象ですが、サラリーマンよりも経営者のほうが、家族を大切に思っている気がしました。
「一緒に居る時間は少なくても、思いは強い」
という類の回答を寄せてくださる方が数名いらっしゃいました。

経営者は会社の中では孤独であり、そのぶん家族への思い入れが強くなるのでしょうか。
他方、サラリーマンは同僚とつるんで憂さ晴らしに酒を一杯、という機会が多いはず。
私自身もそういうところがあるのですが、一番大切なのは誰なのか、
深く考えさせられる「一問百答」でした。

さて、今週もご家族にまつわる質問が届いています。11月20日のオフ会を賑わせてくれた
岡崎塾4期生の方からの質問第2弾です。

※岡崎塾について、詳しくはこちらから

<質問>
理想のパートナー(妻・夫)はどんな人ですか?
             (法政大学 坂本 拓馬さん)


今度はこう来るか、という感じですね(笑)。

経営者会報ブロガーのみなさま!
こうした質問に正面からお答えいただくのは気恥ずかしいところがあるかもしれません。
しかし、先週の続きということで、対象を「家族」から「パートナー」に絞り込んでいただき、
思い描く理想像を語っていただけるとうれしいです。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

今週も温かい回答をお待ちしておりますので、何とぞよろしくお願い致します!

(経営者会報ブログ編集部 大西啓之)

2008年12月11日(木)更新

【今週のお題】ことし一番、感動した出来事は(12月19日ー25日)

今週(12月19日ー25日)のお題
■ことし一番、感動した出来事は■


2週連続でおたずねしています。
ことし一年、みなさまの身には
どんな嬉しい出来事がありましたか?
 
すでにブログで綴られたお話でもけっこうです。
もちろん公私も問いません。映画や小説に感銘を受けたお話でもけっこうです。
「感動した」「鳥肌が立った」というような出来事を、
ぜひブログで綴ってみてください。
 
世の中そんなに捨てたものではないと思いますが、
マスコミには「悪い話」ばかりが出るようです。
せめてこの経営者会報ブログでは、
よい情報、よいエピソードを共有したく、
お願いする次第です。


*書かれた場合は、該当する記事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいたします。もちろん、コメントで「○月○日の記事に書きました」とお知らせ下さってもけっこうですが、皆様の記事を読みたい読者の方がすぐジャンプできますので、ぜひトラックバックでお願いします。

2008年12月09日(火)更新

【明大生との毎週一問百答】質問第128弾は、「ご家族についてお聞かせください」

経営者会報ブログ編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」に
ご協力をいただきまして、ありがとうございます。

さて、今週からしばらくの間、11月20日に開催した当ブログオフ会に大挙して詰めかけてくれた
「岡崎塾」第4期生の学生さんからの質問を紹介してまいります。

岡崎塾とは、当ブログの会員である株式会社トレンド・プロ岡崎社長が率いる学生コミュニティ。
別名を“就活学生が集まる人生道場”といいます。これまで3年にわたって一流企業の内定者を輩出。
単なる就活サポートだけでなく、一人ひとりが志をもって生きていけるよう、徹底指導するのが特徴です。

※岡崎塾について、詳しくはこちらから

先日のオフ会にはなんと18名が参加してくださり、経営者のみなさんを質問攻めにあわせました。
彼らの貢献なくして、あのオフ会の成功はなかった、と私は間違いなく言い切れます(笑)。

では、さっそく岡崎塾4期生からの質問第一弾をご紹介しましょう。

<質問>
経営者として、仕事をしていく上で、家族の支えが重要かと存じます。
あるいは、あまりに仕事が忙しく、家庭を顧みる余裕がないかもしれません。
ご家族との関係(うまくいっているか)、
それに対する考え方についてお聞かせ下さい。
また、経営者になる以前と比べて、
ご家族との関係とそれに対する考え方について、
変化があれば、その点もお聞かせ願いたいです。

(慶應義塾大学経済学部 田中雄大さん)



う~ん。いい質問ですね!
家庭を顧みずに忘年会三昧の私は耳が痛いです。

経営者会報ブロガーのみなさま!
ブログを拝見していると、ご多忙ななかでもご家族との時間を大事にされている姿が垣間見え、
感動することが多々あります。
ぜひ、ご家族に対するお考えをご披露くださいませ。
その際に、「毎年、この日にはこんなイベントを仕掛けている」といったエピソードを
添えていただけると、なおうれしいです。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

今週も温かい回答をお待ちしておりますので、何とぞよろしくお願い致します!

(経営者会報ブログ編集部 大西啓之)

2008年12月02日(火)更新

【明大生との毎週一問百答】質問第127弾は、「社長さんにアイデアを持ち込むとき」

経営者会報ブログ編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」に
ご協力をいただきまして、ありがとうございます。

今週は前回に引き続き、11月20日(木)に開催した経営者会報ブログ第6回オフ会の目玉企画「明大生との一問百答・特別編」で取り上げさせていただいた学生さんからの質問をご紹介いたします。

ちなみに、前回の質問には、オフ会には参加されなかった3名の社長さんからが回答を寄せてくださりました。テーマはCSR(企業の社会的責任)でしたが、みなさまとても真摯に、そして丁寧に自説をご披露されました。オフ会でパネラーを務めてくださったみなさまも含めまして、学生さんの疑問にきちんと答えてくださる温かいお心に、厚く御礼を申し上げます。

さて、今週の質問者は、久米信行さん明大講義門下生の高橋正和さんです。前期から続けて受講されている高橋さんは「一問百答」4度目の登場となります。

オフ会の懇親会で少しお話しましたが、4年生の高橋さんはすでにベンチャー企業から内定をもらっている意欲的な学生さんです。前期から続けている「夢商品化計画ブログ (=夢×挑戦×探索×紹介×応援ブログ) 」では、ミリオンセラー『夢をかなえるゾウ』の内容を実践して報告する、という非常にユニークな取り組みをされています。

さっそく、質問をご紹介しましょう。

<質問>
 経営者に何かアイデアを持っていくとき、
 注意すべき点がありましたら、教えてください。
           (明治大学商学部 高橋正和さん)


これは久米さん講義の受講生にとって、「基本のき」といえるテーマです。なぜなら、学生さんたちがネット行商を実行するうえでの第一関門が、“気に入った商材の提供先企業の社長さん”にオファーを出して、アフィリエイトを認めてもらうことだからです。

経営者会報ブロガーのみなさま! 
「ご自身のところにアフィリエイトのオファーが届いたら」
「新しい商品開発や販路開拓について、突然アイデアを持った学生さんが訪ねてきたら」
などといった仮定のもとに、ぜひご回答をいただければと存じます。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

今週も熱い回答をお待ちしておりますので、何とぞよろしくお願い致します!

(経営者会報ブログ編集部 大西啓之)

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

バックナンバー

<<  2008年12月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31