大きくする 標準 小さくする
次ページ

2006年06月28日(水)更新

【取材日記】vol.7 木の城たいせつ・創業オーナー山口昭さん

 取材日記は「月刊 経営者会報」編集部員が、おもに中小企業の経営者の方への取材を通じて、感銘を受けたこと、ユニークな取り組みだと感じたことなどを綴るコーナーです。
 今回は、経営者会報7月号の巻頭カラー記事「異能経営者がゆく!」で取材させていただいた、木の城たいせつ創業オーナーの山口昭さんにまつわるエピソードをご紹介します。

     ◇     ◇     ◇
 
 北海道へ行くと、本州や四国・九州では見られない、V字形の屋根をした堅牢な家を見かけます。
 その大半は、北海道夕張郡栗山町に本拠を置く、㈱木の城たいせつが手がけたものです。V字形の屋根で雪を地下の下水に流すという、雪下ろしの必要のない家(耐雪住宅)です。
 
 同社創業者の山口昭さんの人生は、常に挑戦の連続だったといいます。その一端を記しますと、
 
・雪下ろしの必要のない堅牢な耐雪住宅を開発し、それ一本に絞る
・すべてを自社でてがける直営施工を昭和40年代に実施
・冬場は休むのが当たり前だった北海道の建設業界で、作業時の雪や寒さ対策を施し、通年施工を可能にしたこと

 そのどれもが、一部同業者からのバッシングを浴びたといいます。
 
 こうした取り組みの根っこにあるのは、山口さんの北海道という土地、そこで暮らす人々への揺るぎない愛情です。
 
 北海道の人たちは一般に郷土愛が強いといわれます。開拓民の子孫が多いため、「自分たちで築いた」という意識が、他の府県よりも強いからだといいます。
 山口さんのお祖父様も、北海道開拓屯田兵だったそうですが、その影響が大きいのでしょう。
 
 同社では「地産地消」の理念を大事にしています。
 南方の木を使うより、寒さに適しているという考えと、輸送にかかるエネルギーが小さいことから、北海道の木しか使わないそうです。
 
 また、普通なら捨てられてしまう間伐材や小径木(しょうけいぼく)も、宮大工の伝統技術を使って組み合わせ、部材にしています。

きのしろ 
 
 さらに、削って出る木くずは、部材を乾燥させる際の燃料に使用する。非常に環境負荷の低い、生産体制を作りあげているのです。
 
 こうした取り組みが内外から注目を浴び、同社の工場を見学に訪れる海外の研究者、国内の工務店関係者があとを絶ちません。
 
 山口さんはこうおっしゃいます。
 「大量生産大量消費。それで人間は幸せになったのか」
 
 もちろん、商品・商材が地球をまたにかけて流通するから経済が発展するという考えには妥当性はあるでしょう。しかし、山口さんの問いかけは、今後の企業のあるべき姿として、傾聴に値すると思います。

     ◇     ◇     ◇ 

■株式会社木の城たいせつ http://www.kinoshiro.com/
■関連記事が「月刊 経営者会報」7月号に掲載されています

(編集部・酒井俊宏)


けいかい
*「月刊 経営者会報」は中小企業経営者の皆様のためのブレーンです。詳細・ご購読に関しては http://www.njh.co.jp/njs/keikai.htm をご参照ください。
                                    

2006年06月28日(水)更新

【ブログピックアップ】インサイト・コンサルティング・槇本健吾さん

  「ブログピックアップ」のコーナーでは、日々、経営者の皆さんの書かれたブログを雑誌「月刊 経営者会報」編集部員が拝見し、お薦めのブログをご紹介していきます。
  きょうのお薦めブログは、インサイト・コンサルティングの槇本健吾さんです。6月28日の記事からご紹介します。いま編集部で呈示している、「今月のお題」について、書いてくださいました。
 
 *      *      *
 
人を見る眼を養うには、「人と数多く、且つ深く交流すること」をモットーに
しています。

コンサルティングファームは、多くの人というよりも選りすぐりの人に来て
いただき、共に労苦することが肝要です。
ある意味、自分自身がサービスそのものであり、価値そのものです。
三つの意を大切にしています。

品意(品位と品格を備えていること)
真意(価値観が一致していること)
心意(志やマインド・コミットメント・モチベーションが高いこと)

実際に様々な方とお会いする際、単に仕事でお会いするというドライな視点
でなく、リスペクトを抱き(どんな若い人にも、子供に対しても)話しかけ、傾聴することを全員が心がけるようにしています。

続きはこちら
……http://insight.keikai.topblog.jp/blog/102/10000998.html

 *      *      *
 
 まず相手をリスペクトするというスタンスに感銘を受けました。
 槇本さんはコンサルタントでいらっしゃいますので、通常の経営者の方とは、少しお立場が違うかもしれませんが、どなたにとっても、ご参考になるお話なのではないかと思います。
 
 もちろん、一編集記者である私などは、絶対に見習わなければならないと思いました。
 
 槇本さん、今後の記事を、編集部・事務局一同楽しみにしております。 
                          

 (編集部・酒井俊宏)

2006年06月27日(火)更新

【明大生との毎週一問百答】質問第12弾は、「従業員のモチベーション維持」

経営者会報編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」にご協力をいただきまして、ありがとうございます。今週の質問は少し長くなります。前置き抜きで、ご紹介しましょう。

<質問>
私は、某焼肉店でアルバイトをしており、そこで店長代理のポジションを与えられ働いています。
人不足のため、新人や後輩に対して楽しい環境を作っていくのに重点を置き、新人教育を怠ってしまいました。そのためなのかはわからないのですが、後輩の働くということに対しての意識が低いように思えます。スタッフの多くが10代であるのも仕方ないとは思いますが、より良い店舗を目指すためには、まずは意識を変えていかなければならないと思います。
そこで、お聞きしたいのですが、どうすれば従業員のモチベーション、また働くことへの意識を上げていくことができるでしょうか?

(明治大学商学部3年 田邉 康真さん)



私も出版社の管理職になって6年になりますが、同じような悩みをいつも感じています。この質問に対してどんな回答がいただけるか、興味しんしんです。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを貼っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

なお、久米さんの「2006講義ブログ」もあわせてご参照ください。

今週も熱い回答をお待ちしておりますので、何とぞよろしくお願い致します!

(経営者会報編集部 大西啓之)

2006年06月23日(金)更新

【今月のお題】■私の人物鑑定眼■6月23日7月20日

 新規の取引や、社員の採用、抜擢など、経営者の皆さんは、日々、“人を見る目”を必要とされているように思われます。
 
 「こんな人なら信用できる」「こんな学生なら絶対にほしい」等々、そうした局面での皆さんの判断基準や、眼鏡違いでの失敗談など、“人を見る目”に関わるエピソードをブログで綴ってみてください。
 
 経営においては、普遍的なテーマだと思います。編集部の記事作成のヒントにさせていただき、エピソードによっては取材をさせていただきたいと考えています。どうか皆様、ご協力をお願い致します。

*ご自身のブログでお書きになった方は、お手数ですが、該当する記事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいたします。もちろん、コメントで「○月○日の記事に書きました」とお知らせ下さってもけっこうですが、皆様の記事を読みたい読者の方がすぐジャンプできますので、ぜひトラックバックでお願いします。

2006年06月23日(金)更新

【今週のお題】私の心が安らぐ場所

今週(6月30日~7月6日)のお題 
■私の心が安らぐ場所■


少なからずご寄稿を頂戴しましたので、先週に引き続いて、同テーマを呈示させていただきます。

「箱根の○○という宿へ行くと最高に安らぐ」など、行きつけの宿についてのお話や、心が安らぐ土地の思い出・お話を中心にお聞かせいただけたら幸いです。

もちろん、「会社が一番落ち着く」(!?)という方も、ぜひぜひブログで綴ってみてください!

*書かれた場合は、該当する記事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいたします。もちろん、コメントで「○月○日の記事に書きました」とお知らせ下さってもけっこうですが、皆様の記事を読みたい読者の方がすぐジャンプできますので、ぜひトラックバックでお願いします。

2006年06月22日(木)更新

【ブログピックアップ】フットマーク・磯部成文さん

  「ブログピックアップ」のコーナーでは、日々、経営者の皆さんの書かれたブログを雑誌「月刊 経営者会報」編集部員が拝見し、お薦めのブログをご紹介していきます。
 きょうのお薦めブログは、フットマークの磯部成文さんです。6月21日の記事をご紹介します。
 
 *      *      *
 
フットマークの年間の中でもっとも忙しい、もっとも売上目標が
高い月が6月です。正確には5月21日から6月20日までに
1ヶ月ということになります。

この6月の目標売上を大きく上回って、会社としては過去最高の
月間売上達成となりました。

続きはこちら
……http://footmark.keikai.topblog.jp/blog/102/10000939.html

 *      *      *
 
 この記事からは、社員のみなさんのがんばりに報いたいという、磯部さんの思いが強く伝わってきます。
 
 こんな社長の下で働きたいと思う人は多いと思いますし、きっと社員のみなさんは、磯部さんの下、お金には代えられない、働く喜びを感じていらっしゃるのでしょう。だからこそ逆に、大入り袋が出るほど、成果も上がるのではないでしょうか。
 
 磯部さん、今後の記事を、編集部・事務局一同楽しみにしております。 
                          

 (編集部・酒井俊宏)

2006年06月20日(火)更新

【明大生との毎週一問百答】質問第11弾は、「タイムマネジメントについて」

経営者会報編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」にご協力をいただきまして、ありがとうございます。

先週は、コメント・トラックバックがあわせて10件に達しました。相変わらずの「一問百答」への関心の高さに驚くとともに、社長ブロガーのみなさまに感謝申し上げます。もちろん、学生さんたちの意識の高さも、うれしい限りです。

さっそく、今週の質問をご紹介しましょう。

<質問>
日々の生活の中でのタイムマネジメントについて教えて下さい。
本人のモチベーション等も関連してくるかもしれませんが、私は忙しい時などは優先順位を付けて予定を先送りにしてしまい、ずるずるとその予定を引きづりがちです。
忙しい毎日を送られているであろう経営者の方々は、どのように時間を作られていますか? また時間のリストラについての考え等を教えて頂けたら幸いです。

(明治大学商学部 4年7組 坂野和哉さん)



ブロガーのみなさまからの、熱い回答をお待ちしております。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを貼っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

なお、久米さんの「2006講義ブログ」もあわせてご参照ください。

今週も、みなさまからの熱いコメントをお待ちしております!

(経営者会報編集部 大西啓之)

2006年06月14日(水)更新

【ブログピックアップ】教育基礎研究所・中川研作さん

  「ブログピックアップ」のコーナーでは、日々、経営者の皆さんの書かれたブログを雑誌「月刊 経営者会報」編集部員が拝見し、お薦めのブログをご紹介していきます。
 きょうのお薦めブログは、教育基礎研究所の中川研作さんです。6月13日の記事をご紹介します。
 
 *      *      *
 
駐車違反の取締りが厳しくなりました。

さて、この取締りですが、とんでもないことが判明しました。

これまでは、違反のステッカーを貼られたら、交番に行って、鍵をはずしてもらい、違反切符にサインしていました。反則金の納付書をもらい、それを納めれば、免許の点数を引かれるだけで、ほかにはお咎めなし、というものです。

ところが、これからは、新しいステッカーを貼られて交番に行くと、従来通りの手続きなのですが、交番に行かないでおくと、車の持ち主宛に反則金の納付書が送られてきて、それを納めるないと、車検が受けられない、というペナルティがつくことになりました。

反則金を納付しない人が結構いて、その場合は何度も呼び出しがかかり、それでも無視していると逮捕されることもありました。

続きはこちら
……http://kisoken.keikai.topblog.jp/blog/112/10000839.html

 *      *      *

 
 この問題は、テレビのワイドショーなどではおもしろおかしく(監視員に暴力をふるった云々)報道されていますが、いまひとつ新聞や雑誌では問題視されていないように思います。

 実は、郵便の集配だけでなく、報道関係者の車も除外されているそうなので、その恩恵を受けたい側としてはあまり書きたくないのか……と勘ぐってしまいます。
 
 ちなみに経営者会報編集部には、幸か不幸か、社用車が許されていませんので、いつも現地には徒歩かタクシーで向かっております。
 
 それはともかく、こうした問題で、会員の方の、経営者ならではの視点でのご意見を聴けるのは楽しみです。
 中川さん、今後の記事を、編集部・事務局一同楽しみにしております。 
                         

 (編集部・酒井俊宏)

2006年06月13日(火)更新

【明大生との毎週一問百答】質問第10弾は、「自社の強みをどうつかむか」

経営者会報編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」にご協力をいただきまして、ありがとうございます。

先日、この一問百答について、商工会議所の方にお話をしたところ、
「最近の学生って、そんなに前向きなんですか!?」
と目を丸くされていました。
私も、明大講義に参加するごとに、学生さんたちの意欲の高さに驚いております。

さて、今週の質問です。

<質問>
企業を経営されている方は、
他社と比べて、
自社のまたは、自分の「強み」は何であると認識されていますか?
また、その強みをいつ・どの状況で掴みましたでしょうか?
私は将来起業を目指しております。
ぜひ経営者の方々のご意見をお聞かせ下さい。

(明大商学部3年11組9番 大滝浩司さん)



ブロガーのみなさまからの、熱い回答をお待ちしております。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを貼っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

なお、久米さんの「2006講義ブログ」もあわせてご参照ください。

今週も、みなさまからの熱いコメントをお待ちしております!

(経営者会報編集部 大西啓之)

2006年06月08日(木)更新

【今週のお題】ジーコ監督のリーダーシップ

今週(6月16日~6月22日)のお題 
■ジーコ監督のリーダーシップ■


 先週に引き続きのお題です。残念ながら、オーストラリアには敗れてしまいましたが、まだまだ一次リーグ突破の可能性はあります(6月15日現在)。
 ジーコ監督の話題にかぎらず、「国民性のこんな違いを感じて面白かった」などなど、サッカーW杯に関連する話題ならなんでもけっこうです。

*書かれた場合は、該当する記事を、この記事に直接トラックバックくださるよう、お願いいたします。もちろん、コメントで「○月○日の記事に書きました」とお知らせ下さってもけっこうですが、皆様の記事を読みたい読者の方がすぐジャンプできますので、ぜひトラックバックでお願いします。
次へ»

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

バックナンバー

<<  2006年6月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30