大きくする 標準 小さくする
次ページ

2014年06月13日(金)更新

【学生・社会人との一問百答】第286弾は「名刺」について

こんにちは!
経営者会報ブログ編集部の前川健輔です。

先日、ある方から「クッキー名刺」なるものをいただきました。

一般的な名刺のように、社名、役職、名前、住所、電話番号、メールアドレスなどがデコレーション(印刷)されているクッキーです。

名刺のほか、ショップカードにも使われるそうで、表彰状、感謝状を模したケーキも人気があるようです。ぜひなにかの機会に一度お試ししてはいかがでしょうか? 私もなにかの機会に利用してみようと思います!
http://item.rakuten.co.jp/siriaru/cookie-meishi/

ちなみにその方は、クッキー名刺とふつうの名刺の両方をくださいました。あとでおいしく頂戴しました。すこし気が引けましたが……。

さて、今週の質問は「名刺」についてです。

※私のツイッターアカウント@maekawakensukeでも当コーナーへの質問を受け付けています♪

〈質問〉------------------------

みなさんが学生だったら、
どんな名刺をつくりますか?

                      明治大学商学部 東芙有子さん
-------------------------------


最近は大学生でも名刺を持っていることが増えているようです。就職活動や学外の活動などの場面で重宝するようです。

経営者のみなさまは、名刺交換をする機会が非常に多く、一家言お持ちではないかと拝察します。「名刺」というツールについて、どのようにお考えでしょうか?

ご自身が大学生なら、どのような名刺をつくりますか? 何か工夫しておられることがあれば、ぜひご披露ください。「この人は違うなと好印象を残す自己紹介のコツ」「初対面の人と会話を弾ませるためのコツ」なども合わせてご教示くだされば、東さんの参考になるかと思います。

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

<経営者のみなさまのお答えのリンク(回答順)>
寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=1181

2014年06月06日(金)更新

【学生・社会人との一問百答】第285弾は「人前での発表」について

こんにちは!
経営者会報ブログ編集部の前川です。

今週6月3日水曜日の久米信行さんの明大講義では、経営者会報ブロガーの日本金属工芸研究所の山田敏晶さんがゲスト講師として壇上に立たれました。

山田さんが選んだテーマは「哲学」。「夢」「名刺」「椅子取りゲーム」などをキーワードに、山田さん独自の「ものの見方、考え方」についてお話しになりました。受講生も真剣に聞き入っていました。ところが、ご本人は納得がいかないご様子で「完敗だった」と何度も繰り返しておられました。「ちょっと格好つけてしまったのが敗因」だとか。

講義のあと、久米さん、山田さん、受講生の福井さんと4人で、食事をご一緒する機会に恵まれました。そこで聞いた山田さんのお話も、非常に面白かったのです。例えば「イギリス人と親しくなる自己紹介の秘訣」などは、映像でみなさまにお届けしたいぐらいの面白さでした。ぜひ、ご本人から聞いてみてください。久米さんから「今度はそれを話してください」とその場でオファー。次の機会がまた楽しみです!

講義中も講義後も貴重なお話をお聞かせいただき、ぜいたくな時間を過ごせました。久米さん、山田さん、福井さん、ありがとうございました!

さて、今週の質問は「人前での発表」についてです。

※私のツイッターアカウント@maekawakensukeでも当コーナーへの質問を受け付けています♪

〈質問〉------------------------

人前で発表するときに、
緊張しないためになにかやっていることはありますか?

明治大学商学部 櫻井樹里さん
-------------------------------


学生のみなさんは、ゼミでの発表、講義中の発表、面接での受け答えなど様々な人前で話す機会は多いものです。経営者のみなさんは、社員へのメッセージ、会社説明、パーティーでのスピーチなど、人前で話す機会というのは多いと思います。

そこでみなさまの豊富なご経験をもとに、人前で話すときの「話す内容」の準備、「心」の準備、話しだしたときの心構えや意識などをご教示いただければ、櫻井さんや他の受講生の参考になるかと思います。

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

<経営者のみなさまのお答えのリンク(回答順)>
寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=1174
高嶋博様 (三元ラセン管工業株式会社 代表取締役)
http://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=1148

2014年05月23日(金)更新

【学生・社会人との一問百答】第284弾は「留学」について

こんにちは!
経営者会報ブログ編集部の前川です。

サッカー・ワールドカップブラジル大会の日本代表メンバーの発表が先週に行なわれて以降、ワールドカップ関連の報道がますます増えてきました。日本代表チームのプロジェクト名は「夢を力に2014」であることをご存じでしょうか?

御茶ノ水には、日本サッカー協会サッカーミュージアムがあります。弊社から徒歩4分ぐらいのところのご近所です。御茶ノ水駅の前にある東京医科歯科大学の壁には、選手たちの夢を書いたメッセージボードが何十メートルにもわたって掲げられています。

201405231451_1-300x0.jpg  201405231451_2-300x0.jpg

御茶ノ水にお越しの際には、ぜひご覧ください! 一流のサッカー選手たちの言葉にはやはり力があります。ちなみに、サプライズ選出として話題になった大久保嘉人選手のものはいまのところありません。やってくれるのではないかと、ワールドカップがいまから楽しみです。

さて、今週の質問は「留学」についてです。

※私のツイッターアカウント@maekawakensukeでも当コーナーへの質問を受け付けています♪

〈質問〉------------------------

来夏から1年間、フランスへ留学します。
行くまでにやるべきこと、行ってからやるべきことは
どんなものでしょうか?

明治大学商学部 佐野しずくさん
-------------------------------


久米さんの講義の受講生のなかには、質問シートに「将来の夢や目標」を書いてくれている人がいます。そのうちのひとりが佐野さんで「将来、ファッションビジネスをしたい」と考えているそうです。

経営者のみなさんは、留学にかぎらず、出張や視察、旅行など、国内外を問わず遠方へ出かける際に、どんなことを心がけていらっしゃいますか?

夢や目標を実現するためには、どのように行動するのか、どのように筋道を見出していくのかなどと合わせてご教示いただければ、佐野さんや他の受講生のみなさんの参考になるかと思います。

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

<経営者のみなさまのお答えのリンク>
寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=1160

2014年04月17日(木)更新

【学生・社会人との一問百答】第283弾は「やりたいこと」について

こんにちは! たいへんご無沙汰してしまい、申し訳ありません。
経営者会報ブログ事務局の前川です。

4月が年度始まりという会社も多いと思いますが、当社も4月が年度始まりです。2006年に新卒で入社した私は、2014年で9年めに入りました。もう「若手」と言うとお叱りかツッコミを受ける年ごろになりました。「立派に成長した」と唯一胸を張って言える(?)お腹周りとともに、改めて気を引き締めていかねばと、人知れず決意しています。

久米信行さんの明治大学の講義「ベンチャービジネス論」が昨日4月16日から始まりました。昨日のオリエンテーションにはおよそ50人が参加。冒頭の挨拶の唱和なども元気のよい声が出ていて、非常にこれからが楽しみです。私もできるかぎり参加し、ともに学べればと考えております。

なお、今年度から講義が18時スタートとなりました。ブロガーのみなさま、社員のみなさまが講義にいらしてくだされば、久米さんも学生さんもたいへん喜ばれることと存じますので、ぜひお越しくださいませ!

さて、2014年度最初の質問は「やりたいこと」についてです。
 
※私のツイッターアカウント@maekawakensukeでも当コーナーへの質問を受け付けています♪

〈質問〉----------------------------------------------------

経営者のみなさんは、自分のやりたいことをどのようにして見つけましたか?
いまの仕事を本当に好きなこととして始めましたか?

                      明治大学商学部 山崎雄也さん

-----------------------------------------------------------


この講義の受講対象は基本的には3~4年生で、就職活動の最中という人が多いこともあり、就職や将来の進路に関する質問が多く寄せられています。そのなかの1つが「やりたいこと」についての質問です。

質問者の山崎さんのご実家は、飲食店、アパート経営、介護事業などを手がけているそうですが、山崎さん自身はそれらの事業にさほど興味がないとのことです。

みなさまは「やりたいこと」「好きなこと」をどのようにして見つけましたか? やりたいことや好きなことを仕事にしたほうがよいのかどうかについてのお考えや、好きなことを見つけるためのアドバイスを、ご自身の経験とともにお教えいただければ、山崎さんやほかの受講生の方の参考になるかと思います。

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

<経営者のみなさまのお答えのリンク>
寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_top/theme=35

2013年12月26日(木)更新

【学生・社会人との一問百答】第282弾は「伝統」について

こんにちは! 経営者会報ブログ編集部の前川です。

先週ふと思い立ち、豊島区巣鴨にある地下銭湯「宮下湯」へ出かけることにしました。この日は12月22日で冬至だったため、ゆず湯に100円で入浴できました。銭湯ならではの開放感と温かさ、そしてお約束のコーヒー牛乳。本当に最高でした!

湯船につかっていると、幼いころ父に銭湯に連れていってもらって楽しかったこと、中学の友達と銭湯で青臭い話をしていたことを思い出し、気持ちまで温かくなりました。

当初は、文京区千石にある銭湯「おとめ湯」に行くつもりだったのですが、2013年6月末で廃業となっていたのです。レトロな雰囲気漂うたたずまいで、銭湯好きの間でもよく知られた銭湯でした。近所に住んでいるにもかかわらず、数度しか行けなかったのが、残念でなりません。

その「おとめ湯」について調べていると、いまや希少となりつつある銭湯の記録をアーカイブする動きがあるそうです。現在クラウドファンディング募集中です。昭和のレトロな雰囲気がなつかしい・銭湯が好き・文京区にゆかりのあるという方は、ぜひリンクをご一読くださいませ。

映画「ご近所のぜいたく空間・銭湯」~銭湯アーカイブと活動のドキュメンタリー~
https://motion-gallery.net/projects/bunkyoyouth2013sento

さて、今週の質問は「伝統」についてです。
 
※私のツイッターアカウント@maekawakensukeでも当コーナーへの質問を受け付けています♪

〈質問〉----------------------------------------------------

 来春から築地市場で働きます。
 企業や地域の伝統やしきたりを知る方法などはありますか?

            明治大学商学部 村田宏平さん
            ブログ「学生が畑を持つために
-----------------------------------------------------------


「伝統」を辞書で調べてみると「ある集団・社会において,歴史的に形成・蓄積され,世代をこえて受け継がれた精神的・文化的遺産や慣習」とあります。

年末年始は、昔ながらの伝統やしきたりにふれることも多い時期です。みなさまの日本の伝統やしきたり、業界・会社の恒例行事などがありましたら、ご紹介いただければ幸いです。地元やの歴史を知る方法や、その楽しみ方や伝え方などもご教示いただければ、村田さんの参考になることと思います。

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

トラックバックの状況が改善されるまでは、この方法で運用してまいりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

2013年も、たいへんお世話になり、心よりお礼申し上げます。
2014年もご高導のほど、よろしくお願い申し上げます。

2013年12月04日(水)更新

【学生・社会人との一問百答】第281弾は「お金」について

こんにちは!
経営者会報ブログ編集部の前川です。

もうすでにみなさまご存知かと思いますが、このたび、久米信行さんが新刊『ピンで生きなさい 会社の名刺に頼らない生きかた』(ポプラ社)を上梓なさいます。今週12月6日金曜日からお買い求めいただけるようで、すでにAmazonでは予約がスタートしております。

201312041434_1.jpg
http://www.amazon.co.jp/dp/4591137376/

多くの方とご縁を結ぶネットワーカーでもある久米さんが説く「ピンのすすめ」、実に興味をそそられるテーマです。久米さんの「プリンシプル」が堪能できる1冊になっているとのことです。

「早く読みたい!」という方にオススメなのが講義ブログ。カバーデザインと前書きの原稿をお読みいただけます(ますます読みたくなることと思います)。
http://blog.canpan.info/meiji_venture/archive/260

出版記念無料イベントも予定されています。

■12月11日(水)16:20~17:50 @明治大学リバティタワー
同日の「ブログ起業論」の講義は、久米信行さんの新著『ピンで生きなさい』の出版記念無料公開講座となっております。場所は明治大学リバティタワー1076教室です。
http://blog.canpan.info/meiji_venture/archive/260

■12月16日(月)19:30~ @ポプラ社ホール
こちらのイベントは、ゲストのご登壇もあり、みなさまに楽しんでいただけるように面白いことを考えているとのことで、「続きは本番で!」と笑顔で語ってくださいました。場所はポプラ社さん(新宿大京町)、新著をお買い求めの方限定で、入場無料のネット予約制とのことです。
http://www.poplar.co.jp/info/event/008450.html
https://www.facebook.com/events/237133419781050/

師走の折、お忙しいことと思いますが、ぜひご予定くださいませ。2014年をより幸せに、より豊かに生きるヒントがつかめるのではないかと、私も楽しみにしております!

さて、今週の質問は「お金」についてです。
 
※私のツイッターアカウント@maekawakensukeでも当コーナーへの質問を受け付けています♪

〈質問〉----------------------------------------------------

みなさんがお金より大事にしていることは何ですか?

                                 明治大学商学部 土橋加奈さん

-----------------------------------------------------------


お金は経営にとっても人生にとっても大切なものだと思います。経営者のみなさまですと、その大切さやありがたさを、人一倍体験しておられることと拝察します。そうしたみなさまが、お金よりも大事にしているものは何でしょうか?

お金を使うときに意識していることや、お金への価値観が変わった出来事をふまえて、お金と豊かさの関係についてのお考えなどをご教示いただければ、土橋さんの参考になるかと思います。

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

トラックバックの状況が改善されるまでは、この方法で運用してまいりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

<経営者のみなさまのお答えのリンク>
寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=990
寺田達也様 (寺田達也社会保険労務士事務所 代表)
http://stop-over.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=71

2013年11月29日(金)更新

「一問百答」特別編

こんにちは! 経営者会報ブログ編集部の前川です。

この「一問百答」のコーナーは、久米信行さんの明治大学の講義「ブログ起業論」の受講生からの質問と、みなさまのご回答のおかげで続けられています。これまでご回答をお寄せいただいたみなさまには、深く感謝しております。

そのなかでも「タオルはまかせたろ.com」の寺田元さんには、ブログ起業論の受講生からの質問に、いつもていねいに親身になってお答えいただいています。数えることなんと280回の皆勤賞! 私ども経営者会報ブログ編集部も頭が上がりません。

11月30日の寺田さんのご著書『「売らない」から売れる!』出版記念イベントに際し、「一問百答」特別編としてより多くのみなさまにぜひ読んでいただきたい記事を紹介します。僭越ながら私の独断と偏見で選ばせていただきました。

■Q1.起業家になくてはならないものは何ですか?

A.“かきくけこ。か:感謝。き:緊張。く:苦労。け:健康。こ:即、行動。”

こちらが第1回めの質問にお答えいただいた質問はこちら。

http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=10000342


■Q279.私は、来春からなじみのない関西で自動車の営業をします。
どのようなことを意識すればよいですか?


A.“土地での不安を思うより、相手をどう思うかがビジネスでは大切”

http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=968


■Q263. 先日お目にかかった方から「若造」扱いされました。
      どうやって乗り越えましたか?


A.“1.自分は決して、今後若造扱いしない大人になる
  2.取り合ってもらえない自分をどうしたらいいかを考えるチャンスだと思う”


元和年間(1615~1623)創業の老舗酒蔵「菊の司」16代を継ぐ予定の平井さんにもエール。

http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=585


■Q253.ふだんどうやって情報収集していますか?

A.“情報は人の情けと感情が入ってこそ、情が報いる。
  行動の中に感動がある、
   行動の中に喜びがある”


京都工芸の理念でもある言葉です。行動してこそ見える世界があります。

http://makasetaro.ke2ikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=97


■Q269.「アベノミクス」についてどのようにお考えですか?

A.“大事なのは、その方法が正しいかを議論するのではなく、
  経営者がどう基盤を合わせていけるかを考えられるかどうか”


主語をつねに自分に置く姿勢から、受講生のみなさんも大いに刺激を受けたようです。

http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=770


■Q267.経営者特有の恋愛のクセってありますか?

A.“経営者の恋愛はクリっとした瞳でほほえんでくれる赤ちゃんから
  おばあちゃんまで恋する範囲が広くなっている”


堅い話だけではなく、チャーミングなお答えもいただけるのが寺田さんの魅力です!

http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=761


■Q266.学生から「低レベル」な質問を受けた際にどう感じますか?

A.“低レベルな質問をいただいたとは今まで一度も思ったことがない”

寺田さんが、どんなお気持ちでご回答いただいているのかについても書いておられます。

http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=641


ぜひ、みなさまもお気に入りの記事を見つけていただければと思います。

▼タオルにまかせたろ.com
http://www.makasetaro.com/

▼『「売らない」から売れる!』
http://www.njg.co.jp/kensaku_shousai.php?isbn=ISBN978-4-534-05130-1

2013年11月22日(金)更新

【学生・社会人との一問百答】第280弾は「育てること」について

いつもお世話になっております。ブログ上では大変ご無沙汰しております。
経営者会報ブログ編集部控えの控え(笑)の田中学です。

今回は、一つご報告したいことがあり、一問百答担当・前川を押しのけて、この場に登場させていただきます。

今春、結婚式を執り行なったことをこの場でお伝えいたしました。その際にはご祝電などを賜り、まことにありがとうございました。改めまして、御礼申し上げます。

今回は、家族が一人増えたことをご報告させていただきます。先月10月29日に、第一子にあたる女の子の赤ん坊が産まれました。妻の出産に立ち会うことができ、出てくる瞬間を見届けることができました。感無量でした。

予定日より2週間ほど早く出てきたこともあり、体重2400グラムと少し小さめでしたが、その後、ミルクをよく飲み、グングンと成長しています。いまは娘の寝顔を飽きずに見て、あやしていれば楽しく、産まれてきてくれたことをうれしく思い、健やかに育ってほしいと願うばかりです。

結婚式を挙げたのが4月で、その後、5月、6月、7月……、計算が合わないことへのツッコミは受けつけません(笑)。

今後は、父親として気を引き締めて、仕事に生活に取り組んでいきたいと思います。

本日は私から「育てること」についての質問です。

〈質問〉----------------------------------------------------

「人を育てる」ことについて、どう考えていますか?

             日本実業出版社 田中 学

-----------------------------------------------------------


エースやストライカーは勝手に育つとも言いますが、人を育てるということに関して、みなさまはどうお考えでしょうか?

経営者のみなさまですと、お子さまだけでなく、社員のみなさま、さらには社外の人も育てる役割を担っておられることと思います。その場合、どのような方針のもと、関係を築いていらっしゃるのでしょうか? ふだんから心がけていらっしゃること、仕事の任せ方、見守るときのポイントなどを、ご教示いただければ参考になります。

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。前川のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

トラックバックの状況が改善されるまでは、この方法で運用してまいりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

<経営者のみなさまのお答えのリンク>
寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/&blog_id=6&id=981

2013年11月14日(木)更新

​【学生・社会人との一問百答】第279弾は「なじみのない土地での仕事」について

こんにちは!
日本実業出版社の前川健輔です。

この経営者会報ブログの会員様による本が新たに生まれました。みなさまおなじみ「タオルにまかせたろ.com」を運営するタオルソムリエ・寺田元さんが、初のご著書『「売らない」から売れる』を当社から発行する運びとなりました。本日11月21日より、全国書店で順次発売です!

寺田さんのタオルにかける情熱や想いが伝わってくるエピソードが満載です。とくに「世界一愛されないタオル」の製作秘話での、ボクシング・元世界チャンピオンの内藤大助さんを輩出した宮田ボクシングジムの宮田会長との会話のやりとりは、読んでいて鳥肌が立ちました。

寺田さんの“動いてわかる”マーケティング、商売哲学のエッセンスが凝縮された1冊です。ぜひご一読いただき、さまざまな形でご紹介いただければ幸いです。

それでは今週の質問は「なじみのない土地での仕事」についてです。
 
※私のツイッターアカウント@maekawakensukeで当コーナーへの質問を受け付けています♪
 
〈質問〉----------------------------------------------------

私は、来春から関西(大阪)で自動車の営業をします。
これまでまったくなじみのない土地なのですが、
どのようなことを意識すればいいですか?

(明治大学商学部 宮本達也さん)
  ブログ「BMWに乗ろう!魅力溢れるドイツの工芸品。」
-----------------------------------------------------------


質問者の宮本さんは、来春からBMW大阪で営業の仕事をすることが決まっています。「大阪のノリ」が楽しみであると同時に、不安でもあるようです。大阪の人たちとどのようにコミュニケーションをとればよいか、知りたいそうです。

私も大阪出身ではあるものの、就職してすぐに東京に来たので、悲しいことに商習慣などはよくわかっていません。「えせ大阪弁だけはやめておくほうがいい」と伝えるのが精一杯でした……。

東京と大阪に限らず、商習慣やコミュニケーションの地域差に早く慣れるためのアドバイスや、ビジネス経験豊富な「やり手」を口説くための考え方などを、ご教示くださいませ。大阪でBMWに乗っている人の特徴なども教えていただければ、宮本さんの参考になるかと思います!

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

トラックバックの状況が改善されるまでは、この方法で運用してまいりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

<経営者のみなさまのお答えのリンク>
寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=968

2013年11月07日(木)更新

【学生・社会人との一問百答】第278弾は「社内の一体感」について

こんにちは! 
経営者会報ブログ編集部の前川健輔です。

大学時代に毎日のように遊んでいた友人が、10月から中国の上海へ赴任しました。その彼に苦労していることを聞くと、「まだ3週間なので、生活に慣れていなくていろいろ大変」と笑っていました。とくにノートとかの日常用語がわからないのが大変だとか。

こちらが気になるのはやはり大気汚染の問題。自宅では空気清浄機2台がフル稼働し、外出中は持参した3か月分のマスクも大活躍中だそうです。高度経済成長時代の日本の空気もそうだったんでしょうね。それでも、彼の赴任中に一度、上海に遊びに行きたいと思います!

本日の質問は、中国からの留学生である路さんから「社内の一体感」についてのものです。

※私のツイッターアカウント@maekawakensukeで当コーナーへの質問を受け付けています♪

〈質問〉----------------------------------------------------

社内に一体感を持たせるために、心がけていることは何ですか?

(明治大学商学部 路沢明さん)

---------------------------------------------------------- 


路さんは、経営者と従業員の間に「一体感」をうまく持たせるためには、何が必要なのかについて聞きたいそうです。経営者のみなさまは、社員のみなさんと対話するときに、どういうことを意識しておられるのでしょうか?

一体感についてのお考えをふまえて、1対1の場面、会議などの1対多の場面、社内イベントやお酒の席などで、心がけておられることをご教示いただければ、路さんの参考になるかと思います。

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。
トラックバックの状況が改善されるまでは、この方法で運用してまいりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

<経営者のみなさまのお答えのリンク>
寺田達也様 (寺田達也社会保険労務士事務所 代表)
http://stop-over.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=69

寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=966
 
次へ»

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

バックナンバー

<<  2017年7月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31