大きくする 標準 小さくする

2010年03月31日(水)更新

【明大生との毎週一問百答】第190弾は「社内システムの運用法」について

いつもたいへんお世話になっております。
経営者会報ブログ事務局 大久保です。

ここしばらく、弊社大西からの質問がつづいておりましたが、
今回は私(=大久保)からの質問を紹介(?)させていただきたく存じます。


<質問>------------------------------

自社のシステム(例:インフラなど)を安定して運用するために、
どのような施策をしておられますか。
                        (事務局 大久保陵滋)

----------------------------------


一般に日本企業では、システム管理担当者ではない社員は、「システムは
正常に動いて当たり前」などとみる傾向があり、システム管理に対する
コストは軽視されがちです。

たとえば、比較的関心が高いとされるセキュリティ対策をとってみても、
大企業ですら、約半数が管理者を配置していないという状況があります。

=====
(参考資料)
セキュリティリスクは大企業ほど大きい?―中小企業が陥る2つの勘違い
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0910/30/news04.html
=====

さて、当会会員のみなさまは、ブログやtwitterをはじめとするオンライン
コミュニケーションをはじめとして、ITを縦横に駆使した経営をしておられます。

当然、社内システムの運用面などでも、ITに関する社員教育を徹底したり、
専任管理者を配置するなど、さまざまな施策を打ち出しておられる
ことでしょう。あるいは、情報機器の配備に力を入れておられるかたも
いらっしゃるかも知れません。

そうした、社内システムを安定して運用するために、みなさまが
とっておられる施策について、差しさわりのない範囲で
回答いただければ幸いです。


大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。

また、外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放して
おります。学生さんをはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。
<<  2010年3月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31