大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【明大生との毎週一問百答】第194弾は「日本の先行きと今すべきこと」について

投稿日時:2010/04/27(火) 16:40rss

いつもお世話になっております。
経営者会報ブログ編集部の田中学です。

春らしからぬ寒さが続いたこの4月でしたが、気がつけばもうすぐGWです。
大型連休前で経営者のみなさんは、ことのほかお忙しいことと思います。
そこで、ひと息入れるということで、
次週(5月4日)は当コーナーもお休みをさせていただきます。

その分、じっくりとお考えいただける質問を取り上げようと思い、
学生さんたちのアンケートを見ていたところ、次のようなものがありました。

今週は、「日本の先行きと今すべきこと」についての質問です。

〈質問〉----------------------------------------------------

 これからの日本の先行きが不安です。
 私たち学生が、今、日本のためにすべきことは何でしょうか。
 また、経営者の皆様でしたら日本のために何を行ないますか?

              (明治大学商学部 伊藤淑美さん)

----------------------------------------------------------------


先日、当ブログのプロデューサーである久米信行さんと打合せを
していた際に、偶然、話題がこのテーマに及びました。
久米さんは、「日本の先行き」について、楽観はしていないものの、
道を切り開いていくことはできるとおっしゃいます。

詳しい話は、差し控えますが、
ポイントの1つとして、「歴史に学ぶ」ことが挙げられると思いました。

「100年に一度」といわれた今回の経済危機ですが、
この発言をしたグリーンスパン前FRB議長は先頃、
「金融危機は史上最悪だったが、経済危機はそうではなかった」と
意見を修正しています。

これは、人間が「歴史に学ぶ」ことを実践した証なのではないかと思います。
1929年から始まった世界恐慌を経験していたからこそ、人々はその教訓を活かして、
最悪の危機を回避することができたのではないでしょうか。

ただし、日本の先行きにはまだまだ暗雲が立ちこめています。
急速な少子高齢化による国内市場の縮小や、巨額の財政赤字など、
解決の糸口が見えない問題が山積みです。

だからこそ、私たち日本人もいままでの歴史を学び直すことで、
新たな活路を見出すべきではないでしょうか。

日本の将来のために、私たちは、学生は、経営者はそれぞれ何ができるのか、
ぜひ、みなさんのご意見をお聞かせください。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。

また、外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放して
おります。学生さんをはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

トラックバック一覧

  • » 第194弾は「日本の先行きと今すべきこと」について from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    〈質問〉 ---------------------------------------------------- これからの日本の先行きが不安です。 私たち学生が、今、日本のためにすべきことは何でしょうか。 また、経営者の皆様でしたら...
  • » 日本のためにすること。 from 三和メッキ工業株式会社 専務取締役 清水 栄次 の日記
    〈質問〉----------------------------------------------------  これからの日本の先行きが不安です。  私たち学生が、今、日本のためにすべきことは何でしょうか。  また、経営者の皆様でした...
  • » 明大生との一問百答・第194弾について from 土建屋魂 有限責任事業組合 代表執務執行者 北山 大志郎 の日記
    〈質問〉----------------------------------------------------これからの日本の先行きが不安です。私たち学生が、今、日本のためにすべきことは何でしょうか。また、経営者の皆様でしたら日本の...
  • » 「選択と集中」=生業を極める from 次代を創る製造業 特殊変圧器メーカー 治部電機株式会社 代表取締役 治部 健 (じぶけん)日記
     新聞を読んでいると様々な変化が見えてきます。国内、国外の事柄を客観的に知ることが出来ます。それが真実か確かめるのはまた別です。今回は、新聞から読み取る日本の将来と...

コメント


Do our best

なるほど私たちは、環境(つまり自ら置かれた状況)に対して、常に全力を尽くすということが与えられた使命であるのですね。

一人一人が「夢をもつこと」も同じく、夢を実現することには全力が必要だと思います。
私にも「政治家になり、良い国日本にするという夢」があるので、努力を怠らず精一杯努めます!

また、環境を知るためには常にアンテナをピンとはり、積極的に情報収集することも必要ですよね。そう考えると、四年間の大学生活は一見長そうに見えても、実はあっという間です・・。残りの学生生活にたくさんのことを吸収できるようにも頑張ります★ミ

Posted by 伊藤淑美 at 2010/04/29 04:23:00 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
6678d61c8faebfaf74c48f98bf4e2465.png?1529692585
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年6月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(852)


RSS