大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【ブログピックアップ】アクタスアドバイザリー 辻松律男さん

投稿日時:2009/08/24(月) 17:52rss

「ブログピックアップ」では、
経営者のみなさんの書かれたブログの中から、
お薦めのブログをご紹介しています。

今回のお薦めブログは
アクタスアドバイザリー辻松律男さんです。

 *      *      *

週末の土曜日、子供たちと近所の本屋さんにいきました。

そこで、最近どんな本がでているのかなぁと思い何気なく見渡していたら、
なんと『小さな会社のトクする人の雇い方・給料の払い方』が目に
留まりました。

実は、まだ読んでいませんでした。

「まだ、読んでへんかったん。遅いで。」と真奈美先生に言われそうですが、
手にとって目を通すと、引き込まれましたのでそのまま購読しました。




■続きはこちら >>> 


 *      *      *

経営者会報ブログでは、会員様が著者となった
書籍を弊社(日本実業出版社)から発売した場合、
他の会員のみなさまに1冊ずつプレゼントさせていただいております。

辻松さんが入会されたのが今年の5月、
井寄さんのデビュー作が世に出たのが1か月前の4月、
ということで、タッチの差で、お贈りすることができませんでした。

ですが、辻松さんは書店で購入してくださり、
わざわざ感想まで書いてくださいました。

「現場が描写されてきて、久しぶりにいい本に出会ったという感想です。」

出版に多少なりとも関わった者として、これ以上のほめ言葉はありません。

辻松さんは、「中小・中堅企業の企業再生・再編」や
「後継者不在等による事業承継対策」に関わっている
コンサルタントでいらっしゃいます。
ですから、企業の現場には誰よりも精通されているはずです。

これまでのブログを拝見していても、企業経営に対する
深い洞察に唸らされる箇所がたくさんあります。

◎M&Aは金銭的な損得だけでなく、譲渡企業のオーナーの想いを
 買い手や交渉人がどれだけ汲み取れるかがポイント

◎M&Aの従業員へのディスクローズは細心の注意が必要。
 破談になれば、能力の高い従業員は即、身の振り方を考える

◎経営統合後に「対等」の精神は大切ではあるが、
 統合後の組織経営において重要事項の
 最終決済権とその責任者は「一人」であるべき

このような知見のある方から褒めていただき、大変光栄です。
そして、こうした独自の視点をもっと学びたい、と強く感じました。

辻松さん、これからもブログの更新を楽しみにしております。
どうぞよろしくお願い致します!






けいかいきゅうなな
■中小企業経営者のための羅針盤『月刊経営者会報』
ご購読のお申し込みはこちら >>>
見本誌の無料お取り寄せができます! お申し込みはこちら >>>
■経営者会報ブログにご興味をおもちの方・入会ご希望の方はこちら >>>
■ライフ&ビジネスアドバイザー 日本実業出版社 >>>

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
cbc0711c4a357880eedb8ed9cd00aef4.png?1537482581
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年9月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(852)


RSS