大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【明大生との毎週一問百答】質問第24弾は、「経営者を志した瞬間」

投稿日時:2006/09/26(火) 14:48rss

経営者会報編集部の大西です。
いつも「明大生との毎週一問百答」にご協力をいただきまして、ありがとうございます。

いよいよ先週21日より、久米信行さんの明大・後期講義が始まりました。
前期と同じく、毎週木曜日の18:00スタート。
内容はますます実践的になりそうです。
ビジネス企画書を作成して、実際に関係先に持ち込む、
といったトレーニングも盛り込まれています。

こんなこと教えてくれる大学って、他にあるのでしょうか・・・。
簿記も知らずに金融機関に就職した20年前の自分を思い出し、
明大生のみなさんに、思わず嫉妬してしまいました(笑)。

さて、恒例の毎週一問百答ですが、今回も明大生以外の方から
質問が届いています。同じ商学部生ですが、慶応大学の4年生からです。

<質問>
なぜ経営者を志したのですか。転機となるきっかけがあったのでしょうか。

(慶應義塾大学 吉井千晴さん)



とてもシンプルですが、すべての経営者会報ブロガーにお聞きしたい質問ですね。

大変お手数をおかけしますが、質問にお答えいただく際には、
ぜひ、この記事にトラックバックを張っていただければと存じます。
外部の方からのコメントやトラックバックも原則として開放しておりますので、
学生さんはじめ、読者の方からのご意見もお待ちしております。

今週も熱い回答をお待ちしておりますので、何とぞよろしくお願い致します!

(経営者会報編集部 大西啓之)

トラックバック一覧

  • » 【明大生とのお題】経営者を志した瞬間 from 株式会社横山工藝 横山 国男 の日記
    慶應義塾大学 吉井千晴さんの質問「なぜ経営者を志したか、転機となるきっかけはあったのか」にお答えします。私の場合は最初から「経営者を志した」わけではなく、自分の...
  • » 「経営者を志した瞬間」 from (株)京都工芸 代表 寺田 元 の日記
    <質問>なぜ経営者を志したのですか。転機となるきっかけがあったのでしょうか。               (慶應義塾大学 吉井千晴さん)こんにちは。【タオルはまか...
  • » 経営者を目指す from コクホー株式会社 代表取締役社長 庄山 悟 の日記
    <質問>なぜ経営者を志したのですか。転機となるきっかけがあったのでしょうか。(慶應義塾大学 吉井千晴さん)吉井さんはじめまして。編集部大西さんのご案内ではシンプ...
  • » 【お題】経営者をこころざしたのは? from 有限会社アイ・コミュニケーション 代表取締役 平野 友朗の日記
    なぜ、経営者を志したのですか。転機となるきっかけがあったのでしょうか。                 (慶応義塾大学 吉井千晴さん)ご質問ありがとうございます!...
  • » 経営を志したきっかけ from 三和メッキ工業株式会社 常務取締役 清水 栄次 の日記
    慶応大学様かのご質問です。【ご質問】なぜ、経営者を志したのですか。転機となるきっかけがあったのでしょ うか。 【お返事】私の場合には、3代目のいう宿命がございました...
  • » 【明大生との毎週一問百答】質問第24弾は、「経営者を志した瞬間」 from 三元ラセン管工業株式会社 代表取締役 高嶋 博 の日記
    <質問>なぜ経営者を志したのですか。転機となるきっかけがあったのでしょうか。 (慶應義塾大学 吉井千晴さん)こんにちは!三元ラセン...

コメント


私が経営者になった理由

私が経営者になった過程については、ブログに少し触れていますが(http://editors.homepagine.com/blog/10000129.html)、私の場合、結局のところ経営者の息子、としての定めかもしれません

Posted by サワダ製作所 澤田 浩一 at 2006/09/27 10:09:00 PASS:

私が経営者になった理由

私が経営者になった過程については、ブログに少し触れていますが(http://sawada.keikai.topblog.jp/blog/10000129.html)、私の場合、結局のところ経営者の息子、としての定めかもしれません

Posted by サワダ製作所 澤田 浩一 at 2006/09/27 10:09:00 PASS:

最愛の母の死の宣告

<質問>
なぜ経営者を志したのですか。転機となるきっかけがあったのでしょうか。

慶應の吉井さんからの学生らしい質問、歓迎します。

<回答>
今から20年前、私はサラリーマン8年目を迎えていました。突然、母がガンで倒れ私は入社以来初めての有給休暇を消化しながら泊りがけで看病を続けていました。

そんなある日、担当医より母の死の宣告を受けます。正直ショックでした。次の日、母の身体につながるチューブを見つめながら「あーこれで母ちゃんは死ぬんだなあ」と考えてた瞬間、

「そうか、神様がそろそろ充、自分の好きなことをやっても良いぞ」という天の声が聞こえたんです。


その瞬間、金玉の底からものすごいエネルギーが
湧き上がってきて「確信、信念、志」へと昇華していきます。

そう、好きなこととは「独立、起業」です。

※生前、母は私の独立には賛成していなかった。


次の日、本社に行って辞表を出したことは言うまでもありません。こういう瞬間と言うのは、不安とか疑問とか全くありません。

人生の中にはそういう時が必ずあります。
だから独立なり転職、結婚という大きな転機の時に迷うなら「行動を起こすな」と私は若者にアドバイスしています。

勿論、こうして神の啓示も受け自信満々で独立起業しましたが、とんでもない失敗続きの船出になろうとはこの時は予想だにしませんでした。
その話しはまた次回ということで・・・。

Posted by 岡崎 充 at 2006/09/28 18:34:00 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
6604d210705a6f85e6e9f9fead9ba726.png?1516523550
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年1月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(852)


RSS