大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


​【学生・社会人との一問百答】第279弾は「なじみのない土地での仕事」について

投稿日時:2013/11/14(木) 14:43rss

こんにちは!
日本実業出版社の前川健輔です。

この経営者会報ブログの会員様による本が新たに生まれました。みなさまおなじみ「タオルにまかせたろ.com」を運営するタオルソムリエ・寺田元さんが、初のご著書『「売らない」から売れる』を当社から発行する運びとなりました。本日11月21日より、全国書店で順次発売です!

寺田さんのタオルにかける情熱や想いが伝わってくるエピソードが満載です。とくに「世界一愛されないタオル」の製作秘話での、ボクシング・元世界チャンピオンの内藤大助さんを輩出した宮田ボクシングジムの宮田会長との会話のやりとりは、読んでいて鳥肌が立ちました。

寺田さんの“動いてわかる”マーケティング、商売哲学のエッセンスが凝縮された1冊です。ぜひご一読いただき、さまざまな形でご紹介いただければ幸いです。

それでは今週の質問は「なじみのない土地での仕事」についてです。
 
※私のツイッターアカウント@maekawakensukeで当コーナーへの質問を受け付けています♪
 
〈質問〉----------------------------------------------------

私は、来春から関西(大阪)で自動車の営業をします。
これまでまったくなじみのない土地なのですが、
どのようなことを意識すればいいですか?

(明治大学商学部 宮本達也さん)
  ブログ「BMWに乗ろう!魅力溢れるドイツの工芸品。」
-----------------------------------------------------------


質問者の宮本さんは、来春からBMW大阪で営業の仕事をすることが決まっています。「大阪のノリ」が楽しみであると同時に、不安でもあるようです。大阪の人たちとどのようにコミュニケーションをとればよいか、知りたいそうです。

私も大阪出身ではあるものの、就職してすぐに東京に来たので、悲しいことに商習慣などはよくわかっていません。「えせ大阪弁だけはやめておくほうがいい」と伝えるのが精一杯でした……。

東京と大阪に限らず、商習慣やコミュニケーションの地域差に早く慣れるためのアドバイスや、ビジネス経験豊富な「やり手」を口説くための考え方などを、ご教示くださいませ。大阪でBMWに乗っている人の特徴なども教えていただければ、宮本さんの参考になるかと思います!

質問にお答えいただく際には、記事タイトルに「一問百答」と入れていただきたく存じます。私のほうで本記事を更新し、みなさまのご回答へとリンクするようにします。

トラックバックの状況が改善されるまでは、この方法で運用してまいりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

<経営者のみなさまのお答えのリンク>
寺田元様 (株式会社京都工芸 代表取締役)
http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog_detail/id=968

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
e7cab183e8f62879c01b52c09fb679ca.png?1490806997
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

個人プロフィール

編集部です。みなさんのブログを盛り上げるための活動をしています

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年3月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(852)


RSS